トップページ | ヤガ科 ケンモンヤガ亜科
→目次に戻る »

リンク集

日ごろからお世話になっている方々、団体様です。

 

 

 

>>蛾関連サイト<<

 

★ みんなで作る日本産蛾類図鑑V2

通称「みんな蛾」 その名の通り投稿した画像で作る蛾類図鑑です。

 

★ National Moth Week in Japan

世界的な蛾イベント、ナショナルモスウィークの日本版サイトです。
イベント期間は一週間ですが、画像投稿形式の掲示板にはいつでも投稿できます。

 

★ 日本蛾類学会

言わずと知れた日本蛾界の総本山。 =蛾類通信= や =Tinea= を発行しています。
いつの間にか僕がWEB委員とかになってます。上記サイトのトップページ、【旬の蛾類】を担当しています。

 

★ 誘蛾会

蛾類学会と双璧を成す蛾類同好者・研究者の集まりです。 =誘蛾燈= を発行しています。
一応僕も会員です。

 

★ Digital Moths of Japan.

日本のマクロ蛾をほぼ網羅した図鑑的サイトです。

 

 

★ カトカラ全集

カトカラ(キシタバの仲間)を極限まで掘り下げたサイトです。
日本のカトカラ全種はもちろんのこと、海外のカトカラまで多数網羅しています。

 

>>各種団体・企業様<<

★ 埼玉昆虫談話会

埼玉県を中心とした昆虫愛好家の集まりです。 =寄せ蛾記= を発行しています。
有志により「おごせ昆虫と自然の館」の運営も行っています。
一応僕は幹事をやらせてもらっています。極稀におごせでうだうだ邪魔をしています。
談話会で行う秋ヶ瀬夜間調査会の担当だったりします。

 

★ 伊丹市昆虫館

通称いたこん。 2012年に開催された「いたこんでフォトコン!2」にて入賞させていただいて以来
ちょくちょくご縁があります。僕は家が遠いので中々お邪魔できないのですが、お近くの方は是非。

 

★ むし社

虫屋の間では常識のお店、むし社。セールの時はただならぬ混雑です。
展翅板やら箱やらを買いに行きます。 =月刊むし= を発行しています。

 

★ 昆虫文献 六本脚

昆虫文献のみならず採集用品なども取り扱っています。
手に入りにくい殺虫薬品なども取り扱っています。

 

★ よしだ農園

群馬県中之条町のよしだ農園さんのサイトです。
2012年に夏休み昆虫観察会をやらせていただいて以来のご縁です。

 

 

 

>>個人サイト・ブログ様(フィールドでご一緒した方々)<<

★ 相模国の自然

相模国を中心としていたはずが日本全国を飛び回っている一寸野虫さんのサイト。
蝶を中心とした幅広い知識と行動力はいつも僕に新しい世界を見せてくれています。
ご一緒するのは秋~春という虫屋のオフシーズンが殆ど。僕がフユシャクに魅せられたのはこの方のせいw

 

★ Faunas & Floras

とにかくシチュエーション萌えの真神ゆさんのブログ。
時間と手間をかけて撮影された写真の数々は流石の一言。僕の写真の先生でもあります。
夜に徘徊する怪しい一行のフォローやウチの子供たちの話し相手もしてくれますw

 

★ ある蛾屋の記録

蛾類学会のホープ、蛾LOVEさんのサイト。数少ない30代蛾屋仲間として親しくさせていただいてます。
>ゆっくりといい物を作っていきたいと思います。  とありますが・・・ ゆっくりしすぎじゃない?w
一緒に採集に行くより飲みに行く回数のほうが多くなってきた気がしますw

 

★ VIEW's Nature Photo Blog -Everywhere-

植物に詳しいクールなVIEWさんのブログ。ご近所さんなのでちょいちょいご一緒します。
飛翔写真もお手の物で、とても活きた写真を撮っていらっしゃます。

 

★ 故郷・埼玉のトンボ

埼玉や関東のトンボを精力的に撮影されているMatszさんのサイト。写真の素晴らしさには脱帽するしかありません。最近はgif画像に精力的でストイックに新しいことにチャレンジしつづけるその姿は僕の理想とするところです。
最近蛾の撮影が少なくなってしまいましたが、以前はちょくちょくご一緒させてもらいました。

 

★ 狭山市の自然

狭山を知り尽くしたATSさんのサイトです。狭山市の定点観測においてこの方の右に出る方はいないでしょう(断言
貴重な記録の数々を定点観測により蓄積されていくその姿には尊敬の念しかありません。
フユシャク探索では毎年お世話になっております。

 

★ 昆虫写真家・森上信夫の ときどきブログ

昆虫写真家、森上さんのブログです。
いくつも著書を発表されていて、僕の名前が協力として載っている本があったりしますが・・・
正直僕は殆ど何もしていませんw その写真の数々は僕の向上心をいつも刺激してくれます。

 

★ 雑蟲堂本舗

長野県のspaticaさんのサイト。写真展も開催される程の腕の持ち主。
フユシャク関連でお世話になることが多く、東京での集まりでもお逢いすることがあります。

 

★ 野道を行けば

広島県のTODさんとAshさんのサイト。直前まで大雨だった天気が嘘のように晴れたのはもはや伝説。
噂に違わぬ晴れ夫婦っぷりを発揮していただきました。
僕も一緒に虫を愛でるこういう夫婦が理想でしたが・・・ 嫌がられないだけマシですかねw

 

★ 週末がさがさDAN

兵庫県のDodo-boyさんのサイト。とにかく神出鬼没。日本全国がこの方のマイフィールドです。
ご一緒したときには埼玉では珍しいシンジュキノカワガが飛来。引きの強さも持ち合わせています。
しかし一体年間何万キロ走っているのか・・・ 

 

★ 虫の棲む星

栃木県のりゅうひさんのブログ。栃木昆虫談話会の重鎮です。
虫Cafe!を始めとした虫イベントを多数企画しており、虫屋の輪を広げてくれた方でもあります。
この方がいなかったら今の虫クラスタはなかったでしょう。

 

★ IM2号

カニムシやザトウムシなどの土壌生物を追いかけるジークさんのサイト。
光の使い方がすごく上手で、美しさを追求するその姿勢には感服するばかりです。
こちらも夫婦そろっての虫屋さん。羨ましい限りです。

 

★ 梅里のデジタル博物館

梅里さんの自然探索サイトです。
ひょんなことから貴重な発見をされ、しかもそのポイントを僕に惜しみなく案内していただきました。
大変面白いフィールドでまたお伺いしてみたいものです。

 

★ 愛とか、風とか、虫とか・・・

神奈川県のDX-9さんのサイト。
初めて虫オフしたうちのお一人です。カミキリをメインに蝶や蛾なども。
多彩な趣味をお持ちで色々なところで活躍されています。

 

★ 虫愛ずるなんとやら。

大阪府のちびオオセンチさんのブログ。埼玉へいらした時ご案内したことがあります。
ペットの爬虫類や毎年恒例になりつつある八重山遠征の記事が多めです。
採集以外でお逢いする機会の方が多いですねw

 

★ 池田蝶日記

長野県のsyakugaさんのブログ。高校生にして既に8回の写真展を開催!!(2014/10 現在)
一度拝見しましたがレベル高いその展示に脱帽。経験の差を感じました。
この行動力は見習わないといけないと常々思います。

 

★ 湘南むし日記

神奈川県の尾園暁さんのブログです。フユシャク探索でご一緒させて頂きました。
著書 =ハムシハンドブック=の美しい写真は一見の価値ありです!

 

★ 日日面白日記

神奈川県のそよ風ふくさんのブログです。
フユシャク探索でご一緒させて頂いたほか、各種イベントでいつもお世話になっています。

 

 

 

>>個人サイト・ブログ様(フィールド以外でお逢いした方々)<<

 

★ MOTHPROG

しょっちゅうお逢いするのに実は未だに採集はご一緒したことがなかったmothprogさんのサイト。
日本蛾界をこの方抜きで語るわけにはいきません。
コミュ障の僕が色々な場所で溶け込んでいけるのもこの方のおかげです。

 

★ 青森の蝶たち

青森のze_phさん親子のサイト。蝶だけでなく蛾にも造詣が深く、ミチノクスカシバを記載した方々でもあります。
僕が飛翔写真を撮ることができるようになったのはze_phさんのおかげです。
一生頭上がりませんw

 

★ 路傍の虫たちと

庄内の昆虫写真家、高嶋清明さんのブログです。
いたこんでフォトコンの際には大変お世話になり、東京で行われた写真展にも伺わせていただきました。
著書 =里山にすむクロスズメバチ= の表紙写真が僕の目指すところになっています。

 

★ 虫撮記

北海道で活動されています、yyzz2さんのサイトです。
僕の学名の意味調べはこの方に影響されて始めたものです。言わば学名調べの師匠です。

 

>>個人サイト・ブログ様(未だお逢いしたことがない方々)<<

 

★ 幻日の雑記帳

現在は沖縄で活動していらっしゃいます。 =空の虹色ハンドブック= を発表されています。
蛾にも造詣が深く、僕も色々送っていただいたりしてお世話になっています。
for twitter

 

★ こんちゅう探偵団

北海道の蛾を中心に紹介しているだんちょうさんのブログです。よくコメントも戴きお世話になっています。
精力的に更新されていて、羨ましい種をたくさん撮影採集されています。
for mixi

 

★ むしとり。

宮城県のmicromyuさんのブログ。色々な昆虫を撮影されていますが、虫グッズを自作するクリエイターでもあります。
そのクオリティは半端じゃなく、是非お譲りしていただきたいのですが量産はしないそうです(´・ω・`)
for VIP

 

 

>>蛾アート系サイト様<<

★ 氷堂涼二のドゥオアダイ

蛾愛ずる漫画家、氷堂涼二さんのサイトです。ひょんなことから親しくさせていただきまして
なんと =MOTHPHILIA 氷堂涼二 蛾集= では僕の写真を大量に使っていただいた上、監修までさせて頂き
更には僕が漫画になって登場するという快挙?まで。自分の人生にこんなことがあるとか予想できませんでしたw

 

★ 遊蛾堂

Chiakiさんのサイトです。蛾グッズを販売する「遊蛾堂」では通販もしており、 
僕的にはヤママユガ科ステッカーとミズアオクリアファイル(←僕の撮った写真がお手本らしいっすよ!)がおススメッ!
ヒメヤママユのステッカーは僕の車のリアガラスに貼ってありますw 

 

★ 真夜中の手紙 LINA UCHIDA WORKS

和紙で蛾を創る(!?)ウチダリナさんのサイトです。 現物を見た瞬間「え??これ和紙?」となるハイクオリティ。
正直どうやって作ってるのかさっぱりわかりませんw
個展を開催されていらっしゃいましたがクソ仕事が忙しい時期と重なってしまい行けず仕舞い・・・ 心残りです。

 

★ ガブログ

蛾売りおじさんのサイトです。インパクトの強い名前ですw
蛾のぬいぐるみや刺繍ブローチを創って販売していらっしゃいます。その可愛さたるや犯罪級w
ただ一点モノなので・・・ 当分昼飯が食えなくなる覚悟が必要です><
なんか僕の写真に影響されて創りはじめたとかなんとか・・・ ホントですかw

 

★ 五眠

僕オススメの絵師、枝さんのサイトです。
擬人化された蛾のイラストは独特な世界観を醸し出していて、これが僕の感性にドンピシャなのです。
水彩画と和風な雰囲気がもう僕の思い描く蛾の魅力と絶妙にマッチしています。




 

※当ブログ 蛾色灯。 はリンクフリーです。

 

 

>>Photo provided<<

 

★ MOTHPHILIA 氷堂涼二 蛾集 (氷堂涼二,2014, 一二三書房)

僕が撮影した写真をふんだんにお使いいただいてます。
ついでに監修に僕の名前があったり僕が漫画になって登場したり・・・
とんでもない本ですw 台湾版もあります!

 

★ 日本の冬夜蛾 (小林秀紀 編,2016, むし社)

僕の撮影した写真が表紙を飾っております(感無量
生態写真にもいくつか使っていただいております。巻末にはなぜか僕の紹介がw
キリガ好きの方は是非ともご購入を!

 

★ 日本の冬尺蛾 (中島秀雄・小林秀紀 著 ,2017, むし社)

フユシャクガの第一人者、中島秀雄氏によるフユシャク集大成の本です。フユシャクに興味ある方は必携!
生態写真にいくつか使っていただいている他、文中にも僕の名前が出てきたり。。。

 

★ 昆虫文献 六本脚 オリジナル 「2017年カレンダー」 (飯森政宏・阪本優介,2017, 昆虫文献六本脚)

上のリンクにもあります昆虫文献六本脚さまからなんと!
僕と阪本氏の写真を使ったカレンダーを発行していただきました!!!!
こりゃなんということだ・・・

 

★ これはなんのようちゅうかな? いもむし・ようちゅう図鑑 (岸田泰則他,2014,学研教育出版)

オオミズアオやアケビコノハの写真を提供しています。そのほか、幼虫の画像集めをお手伝いしました。
僕も幼虫を頼まれてたんですけど、成虫しかありませんでした><

 

★ 世界の不思議生物FILE (生物雑学研究倶楽部,2013,学研パブリッシング)

もう新品はないかも・・・
ムラサキシャチホコの写真を提供しています。


★ 山の かくれんぼ -さがそう!生きものかくれんぼ- (今泉忠明,2016,ポプラ社)

ケンモンミドリキリガの写真を提供しています。


★ いきものもどき (山村紳一郎,2009,誠文堂新光社)

僕の写真を初めて市販本に載せて頂いた記念すべき本です。
キカマキリモドキの写真を提供しています。

 

★ 日本の昆虫1400(2)  (塊真史 編,2013, 文一総合出版)

ウスバカゲロウの写真を提供しています。

 

★ くらべてわかる昆虫 (永幡嘉之,2017, 山と渓谷社)

蛾類の写真を多数提供しています。

 

★ 危険・有毒生物 (学研の図鑑ライブポケット)  (2017, 学研プラス)

威嚇するオオスズメバチの写真を提供しています。

 

★ ガタガール(2) (小原ヨシツグ,2017, 講談社)

モズミヨコエビの写真を提供していますが・・・ この漫画にも僕が登場しています!(作中では「蛾さん」として出ています)
2017年2月、打ち切りが決まっていたこの漫画、生き物好きとしては応援したい!ということで色々お手伝いした経緯があります。
紆余曲折あって連載復活にまでこぎつけることができました!(興味ある方は「ガタガール保全運動」で検索!)

 

★ 増補改訂版 日本のチョウ (日本チョウ類保全協会 ,2019, 誠文堂新光社 )

蛾の写真をいくつか提供しています。

 

★ 特別展「昆虫」公式図録2018,国立科学博物館)

2018年に国立科学博物館で開催された特別展「昆虫」の公式図録です。オオスズメバチが獲物を団子にするシーンや、アカイエカの吸血シーンを提供しました。

 

★ 人を襲うハチ 4482件の事例からの報告 (小川原辰雄,2019,山と渓谷社)

威嚇するスズメバチを表紙で使っていただきました!

 

★ 蛾売りおじさんのめくるめく蛾の世界 (蛾売りおじさん,2019,誠文堂新光社 )

珍しく文章だけの提供です。蛾色灯チックな文章がついに紙媒体にw

 

























トップページ | ヤガ科 ケンモンヤガ亜科
→目次に戻る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リンク集:

トップページ | ヤガ科 ケンモンヤガ亜科
→目次に戻る »

カテゴリー

無料ブログはココログ