« 【0001】オオミズアオ本州以南亜種
Actias aliena aliena
| トップページ | 【0003】クロテンフユシャク
Inurois membranaria
»

【0002】ウスバフユシャク
Inurois fletcheri

成虫が冬にだけ活動するフユシャクの仲間。

そんなフユシャクの中で一番目にするのはこのウスバフユシャクだと思う。

僕が交尾を見た初めてのフユシャクでもある。

1月の日没後、桜並木を車で走るとヘッドライトにチラチラ舞う蛾が照らされる。

大概はこのウスバフユシャクの♂だ。

いろんなバリエーションがあって面白いが、おかげで同定に困ることもしばしばある。


Sp1142985
【成虫♂写真】20120114埼玉県小川町栗山 <標高280m>

その辺の公園でもよく観察できる。関東平地だと12~2月くらいだろうか。

近所で「花見の名所」とされてるところがあったらそこは「ウスバフユシャクの名所」でもある。

花見のシーズン前に夜の公園で真冬の恋物語を観察するのも一興だ。

寒冷地だと11月の半ばごろに発生している。

Sp2136908
【成虫♀写真】20110213埼玉県川口市差間<標高5m>

メス。羽がなくて単体だとなかなか見つからない。

>>>>>>>>>20130220追記

コーリング中の♀を発見したのでアップ。

尾端から生殖器をだし、性フェロモンを放出。♂を呼んでいる真っ最中だ。
S_3
【成虫♀写真】20110219埼玉県川口市差間<標高5m>
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

Sp2136904
【成虫交尾写真】20110213埼玉県川口市差間<標高5m>

交尾中。偽木の杭で発見。サクラのそばにある杭を探すとよく見つかる

ピーク時にはひとつの杭に3ペアとか張り付いてる。ラブホ状態だ。

交尾は日没後、大体19時頃に見ることが多い。


種小名はfletcheri(フレトゥケリ)。フレッチャーという人への献名だと思う。軽く検索した程度ではわからなかった。


埼玉でも多くの記録があるだろうと思いきや6カ所しか記録されてない。

記録してないだけだろう。奥秩父では12月初旬に発生を確認している。(2012)

« 【0001】オオミズアオ本州以南亜種
Actias aliena aliena
| トップページ | 【0003】クロテンフユシャク
Inurois membranaria
»

シャクガ科 フユシャク亜科」カテゴリの記事

フユシャク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【0001】オオミズアオ本州以南亜種
Actias aliena aliena
| トップページ | 【0003】クロテンフユシャク
Inurois membranaria
»

無料ブログはココログ