« 【0022】オオノコメエダシャク
Acrodontis fumosa
| トップページ | 【0024】ナカジロネグロエダシャク
Ramobia mediodivisa
»

【0023】クロチャマダラキリガ
Rhynchaglaea fuscipennis

個体変異が激しい種というのがいる。

このクロチャマダラキリガもそのひとつで、まあ色んな模様をしている。


この時期現れる他のキリガと比べてみると、止まった姿が妙に特徴があるのか一見して違いがわかる。

【チャマダラキリガ】に似ているが、チャマダラは外縁部が波状になる。


あとはどんな模様をしていようが、クロチャマダラキリガなのである。(かなり暴論)


前翅にある黒点が若干★っぽいのが本種の特徴といえるかもしれない。(ない個体もいるようだが)

S
【成虫写真】20120226埼玉県朝霞市岡<標高25m>


種小名はfuscipennis (フスキペンニス)。ラテン語でfusci=「茶色」 pennis=「羽毛」

茶色の羽毛 ということであろうが、随分と品のある命名をされたものである。

ウバメガシ、アラカシ、アカガシ、シラカシなど各種樫の木が食樹として記録されている。


南方系の種のようで埼玉では低地に記録が集中している。

以下記録
S_2
【成虫写真】20130121埼玉県朝霞市岡<標高25m>
この場所では似たような色しか採れない。

« 【0022】オオノコメエダシャク
Acrodontis fumosa
| トップページ | 【0024】ナカジロネグロエダシャク
Ramobia mediodivisa
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

越冬キリガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【0022】オオノコメエダシャク
Acrodontis fumosa
| トップページ | 【0024】ナカジロネグロエダシャク
Ramobia mediodivisa
»

無料ブログはココログ