« 【0034】シロトゲエダシャク
Phigalia verecundaria
| トップページ | 【0036】ミツボシキリガ
Eupsilia tripunctata
»

【0035】ナカグロホソキリガ
Lithophane socia

【アメイロホソキリガ】【カタハリキリガ】とよく似た種である。

カタハリキリガとの相違点は【カタハリキリガ】を参考にしていただきたい。

アメイロとの差異点として

・腎状紋下部が暗褐色に染まっている(アメイロは地色の黄褐色)

・前翅前縁中央部から伸びる条紋が不明瞭な褐色帯(アメイロはV字状になる)

が挙げられるが、 (※日本産蛾類標準図鑑より抜粋)判別に困る個体も多々存在する。


更に越冬前と越冬後で色合いが変化するため、同定が難しい。

そういった微妙な個体の確実な同定を行うには交尾器を見る必要があるだろう。


ここではナカグロの特徴をよく出している個体を取り上げている。

Sp4182428
【成虫写真】20100414埼玉県秩父市豆焼橋付近<標高1065m>

目立つ暗褐色の斑紋、不明瞭な褐色帯。ナカグロホソキリガで間違いないと思う。


サクラで飼育された記録があるが、アメイロと分化する前の記録であるため

実際はどちらの幼虫かはっきりしていないようだ。

種小名はsocia (ソキア)。ラテン語で「社交的」。 さっぱりわからない。違うかもしれない。

埼玉では秩父地方での記録に限られる。


以下記録
Sp3163462
【成虫写真】20120316埼玉県秩父市豆焼橋付近<標高1065m>


« 【0034】シロトゲエダシャク
Phigalia verecundaria
| トップページ | 【0036】ミツボシキリガ
Eupsilia tripunctata
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

越冬キリガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【0034】シロトゲエダシャク
Phigalia verecundaria
| トップページ | 【0036】ミツボシキリガ
Eupsilia tripunctata
»

無料ブログはココログ