« 【0047】ゴマフキリガ
Orthosia coniortota coniortota
| トップページ | 【0049】イイジマキリガ
Orthosia ijimai
»

【0048】カシワキボシキリガ
Lithophane pruinosa

秋に羽化して翌春まで成虫で過ごす越冬キリガである。

石壁に張りついていたりすると良い擬態となってなかなか見つけられない。

グレー系統の種は石に擬態してるのであろうが、この種はよく溶け込んでいることが多い。

自分の止まるべき位置をわかっているのだろう。


とはいっても石がないところに惹かれてきてしまうとその擬態も逆効果だ。

Sp4031982
20100403埼玉県秩父市三峰<標高1060m>

黒い紋には濃淡があるようで、別種かと思うときもある。

山地にも平地にも生息しており、珍しい種ではない。

ただ、埼玉では東側での記録が少ない。


種小名はpruinosa(プルイノーサ)。ラテン語で「冷ややかな」の意。


以下記録
Sp4031991
20120413山梨県<標高1000m>

Sp4133533
20100403埼玉県秩父市滝沢<標高590m> 


« 【0047】ゴマフキリガ
Orthosia coniortota coniortota
| トップページ | 【0049】イイジマキリガ
Orthosia ijimai
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

越冬キリガ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ