« 【0049】イイジマキリガ
Orthosia ijimai
| トップページ | 【0051】タマナヤガ
Agrotis ipsilon
»

【0050】マツキリガ
Panolis japonica

春に出現する春キリガである。

羽の赤い模様は他種にはない独特の風合いを醸し出しており、一目でソレと同定できる蛾である。

大陸に近似種がいるがどこが違うのかはあまりわからない・・・

だいたいちょこんと止まって僕らを待っているが、待つキリガではなく松キリガ。

幼虫はマツを食樹としているところからつけられた名前だ。

S
20120413山梨県<標高1050m>


オスは触角にわずかだが毛が生えている。メスは未見。

種小名はjaponica(ヤポニカ)。日本の、という意味である。

埼玉では県西部はもちろん、浦和や与野の記録もある。

« 【0049】イイジマキリガ
Orthosia ijimai
| トップページ | 【0051】タマナヤガ
Agrotis ipsilon
»

ヤガ科 ヨトウガ亜科」カテゴリの記事

春キリガ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ