« 【0053】フタマタフユエダシャク
Larerannis filipjevi
| トップページ | 【0055】コケイロホソキリガ
Lithophane nagaii
»

【0054】ハンノキリガ
Lithophane ustulata

よく植物の名前が和名につく蛾がいる。

往々にして幼虫時代の食草がその植物でそこから由来している和名だ。
(たとえばキリガなら【スモモキリガ】とか)


そんな先入観からこのハンノキリガはハンノキが食草だと思っていた。

しかも初めて見たのはハンノキで有名な公園。

しかしハンノキリガの食草は「カシワ・コナラ・ミズナラ」である。※日本産蛾類標準図鑑より


果たしてハンノキリガのハンノとは一体なんなのだろう・・・

Sp4133545
 20120413山梨県<標高1000m> 

【シロクビキリガ】に若干似ているが、シロクビは一回り大きく長い印象がある。
腎状紋の内部が赤くなってるのもシロクビの特徴だ。

【カシワキボシキリガ】にも似ているという記述をよく見るが、僕個人はあまり似てるとは思わない。
個体によっては似てくるのだろう。

そういえば以前記事にしたカシワキボシと同じところで撮影している。
並べて比較すればよかったと後悔。



memo.....
ヤガ科 キリガ亜科に分類され、秋に出現しそのまま成虫越冬。5月くらいまで見られます。
山地にも平地にも生息しており、糖蜜にやってきます。
しかし飛来数は少な、く大量にはやってこない印象です。

以下記録
S200903050037 S110521
 20090305埼玉県さいたま市桜区<標高10m>        20110521北佐久郡軽井沢町長倉(小瀬)<標高1290m>

« 【0053】フタマタフユエダシャク
Larerannis filipjevi
| トップページ | 【0055】コケイロホソキリガ
Lithophane nagaii
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

越冬キリガ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ