« 【0058】キンイロキリガ
Clavipalpula aurariae aurariae
| トップページ | 【0060】シーベルスシャチホコ
Odontosia sieversii japonibia
»

【0059】カシワキリガ
Orthosia gothica jezoensis

春に出現するオルトシア属のキリガ。越冬しないキリガである。

画像検索するとたくさん出てくるので、かなり普通に見られる種のようだが僕はあまり見たことがない。

僕の目にだけにしかわからない強烈な擬態でもしているのだろうか・・・

変異があるようだが、環状紋を黒く縁取る 【】 模様が印象的な種だ。

 S120409k
20120429群馬県片品村丸沼<標高1400m>

オスの触角は強く櫛歯状になっているのがわかる。


種小名はgothica (ゴチカ)。ラテン語でゴシック、の意味である。

ゴシック自体に色々な意味合いが含まれるので、これ!という断定ができないが・・・

黒が太くあしらわれた模様をゴシック体的な意味で指しているのだと思う。

>>>>>>>>>>>>>>160604追記
北海道での採集をしていたところ、見慣れないキリガをみつけた。

一見してオルトシアなそのキリガは見慣れない赤茶色で濃淡のある蛾であった。

同行の蛾LOVE氏が持ち帰り、カシワキリガだということがわかった。

よくよく「日本の冬夜蛾」を見返すと確かに似た蛾が載っていた。この変異は北海道に産するようだ。

Sp5132423
20160514 北海道上川郡上川町<標高700m>


さて、このカシワキリガであるが・・・ 分類の歴史がどうにもごちゃごちゃしている。

そもそもこの赤いタイプのカシワキリガはアカモンエゾキリガO. jezoensis として松村松年によって記載されていた。

この時点で他のカシワキリガは大陸のものと同じO. gothica askoldensis(東アジア亜種とでもいえばいいかな) とされていたようだ。

そしてこのアカモンエゾキリガはO. gothica askoldensis のシノニムとされ、O. jezoensis は分類上からその名を消されることとなった。

しかし、O. gothica askoldensis は独立種。さらに日本のものとは違う、ということになった。

大陸のものはO. askoldensisとして独立種になり、日本のものはO. gothica jezoensis とされ、O. gothica の日本亜種扱いとなっている。

なんか日本のものは暫定っぽい立ち位置なのかな。

運よく北欧のO. gothica が手元にあるのでちょっと調べてみようと思います。

« 【0058】キンイロキリガ
Clavipalpula aurariae aurariae
| トップページ | 【0060】シーベルスシャチホコ
Odontosia sieversii japonibia
»

ヤガ科 ヨトウガ亜科」カテゴリの記事

春キリガ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ