« 【0066】クロウスタビガ
Rhodinia jankowskii
| トップページ | 【0068】ニシキキンウワバ
Acanthoplusia ichinosei
»

【0067】ナカグロヤガ
Xestia undosa

モンヤガ亜科の中でも種の数が多く、僕の好きな種が多いXestia(クェスティア)属の蛾だ。

北方系の種が多いこの属だが、ナカグロヤガは近年この属に移された新参者だ。


関東周辺ではおおよそ600m~くらいからその姿を目にしている。

そんなに珍しい種ではないが、初夏に羽化するが夏眠(越夏)をする。

そして秋にまた産卵のため活動するというライフスタイルが面白い。

S2
20121013埼玉県秩父市三峰<標高722m>

上の写真はストロボを当てて撮っているのでそうでもないが、
実際目にすると非常に上手くコンクリートに溶け込んでいる。

もちろんコンクリートではなく石などに擬態してるのだろうが、隠れた擬態職人だ。

S
20121013埼玉県秩父市三峰<標高722m>

同じ個体をストロボなしの長時間露光で撮影してみた。おわかりだろうか?

こんなのが足元に多数いるもんだから、ライトトラップ中も相当気を配って歩かねばならない。


memo.....
ヤガ科 モンヤガ亜科に分類され、夏に羽化、越夏の後秋に再び活動します。
幼虫はコヌカグサというイネ科の植物を食草としてるようです。
埼玉でも秩父地方で多数の記録があります。
ライトトラップをすると、幕には止まらず地面にいることが殆どです。

以下記録
Sp9154631
20100915長野県東御市新張湯の丸<標高1728m>

« 【0066】クロウスタビガ
Rhodinia jankowskii
| トップページ | 【0068】ニシキキンウワバ
Acanthoplusia ichinosei
»

ヤガ科 モンヤガ亜科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/49084823

この記事へのトラックバック一覧です: 【0067】ナカグロヤガ
Xestia undosa
:

« 【0066】クロウスタビガ
Rhodinia jankowskii
| トップページ | 【0068】ニシキキンウワバ
Acanthoplusia ichinosei
»

無料ブログはココログ