« 【0076】チャオビトビモンエダシャク
Biston strataria hasegawai
| トップページ | 【0078】オオシモフリスズメ
Langia zenzeroides nawai
»

【0077】ウスミミモンキリガ
Eupsilia contracta

ハンノキに依存したキリガの仲間である。

埼玉県では以前から準絶滅危惧(NT)に指定されていた種だ。

昨年改定した環境省RDBにも新たに準絶滅危惧(NT)として掲載された希少種である。


と言いたいところだが。


幸い僕の家からは30分ほど車を走らせると、大規模なハンノキ林が姿を現す。

その林で糖蜜採集を行えば、すぐに大量の本種がやってくる。

正直希少種の雰囲気など微塵も感じさせない飛来っぷりで全飛来キリガの7割くらいを占める。

S
20130307埼玉県さいたま市桜区<標高10m>

上記は♂。他のキリガと同じように、オスのほうが微妙に触角が毛深い。


同所で得られた♀はこちら。

S_2
20130307埼玉県さいたま市桜区<標高10m>
若干、触角が細めなのがわかると思う。

しかしこれを現地で見極めるのは至難の業だ。

写真に撮ってよく見てみないとわからない程度の差である。


ハンノキ依存種は生息環境が限られている。

同じようなハンノキ依存の【オナガミズアオ】や【ユキムカエフユシャク】も中々見ることができない蛾だ。

河川敷のハンノキ林が不必要な開発によって減少しないことを祈るばかりだ。


memo.....
ヤガ科 キリガ亜科に分類されています。
秋に羽化する越冬キリガで、4月ころまで見られます。
街灯には殆ど飛来せず、糖蜜を使って採集しないと中々出会えません。

« 【0076】チャオビトビモンエダシャク
Biston strataria hasegawai
| トップページ | 【0078】オオシモフリスズメ
Langia zenzeroides nawai
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

埼玉県RDB種」カテゴリの記事

越冬キリガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/50925971

この記事へのトラックバック一覧です: 【0077】ウスミミモンキリガ
Eupsilia contracta
:

« 【0076】チャオビトビモンエダシャク
Biston strataria hasegawai
| トップページ | 【0078】オオシモフリスズメ
Langia zenzeroides nawai
»

無料ブログはココログ