« 【0093】マダラキボシキリガ
Dimorphicosmia variegata
| トップページ | 【0095】チャマダラエダシャク
Amblychia insueta
»

【0094】アルプスヤガ
Xestia speciosa ussurica

高山蛾、と呼ばれる一群がいる。本州では標高2000m以上にのみ生息する蛾の総称である。


いくら現代の道路網が発達していようとも標高2000mを超える道路というのは数少ない。

そしてマイカー規制により、一般人が通れる道路はより少なくなっていく。

高山蛾に会うのは至難の業である。


そんな数少ないポイントでも生息している場所とは限らないのがまた困りものだ。

だからこそ高山蛾にはロマンを感じざるを得ないのであるが。

S
【成虫写真】20130727 山梨県山梨市<標高2300m>

そんな難関を乗り越えて出会えたアルプスヤガ。黒と白のメリハリの効いた模様は非常に美しい。

世俗を離れたところに棲む美しい蛾。この蛾に逢う為に毎年夏は高地でライトトラップを敢行してしまう。

S
【成虫写真】20150802 山梨県山梨市<標高2300m>

僕の経験では点灯後3時間で飛んでくることが多い。もちろんすぐそばにいればすぐ飛んでくるのだろうが。

幕には止まらず地面を走り回る。石の下等に潜ることが好きなので、見つけたらすぐに確保しないとスレてしまう。

このアルプスヤガ、産地によって微妙に翅色、翅形が違うようだ。

乗鞍産になると茶色味を帯びるという。そちらも是非見てみたい。

至難の業、とは書いたが車で行ける場所で出会えるこの蛾は高山蛾の中ではビギナー向けであろう。

僕もいつかは登山でしか出会えない蛾にチャレンジするのだろうか・・・


幼虫はツツジ科のコケモモ、エゾノツガザクラといった植物を食べて育つ。

種小名はspeciosa ラテン語で「美しい」。ド直球の命名。

この美しさは世界共通のようだ。


埼玉でも甲武信岳で記録がある。埼玉では本格的に登山をしないと逢えないだろう。

« 【0093】マダラキボシキリガ
Dimorphicosmia variegata
| トップページ | 【0095】チャマダラエダシャク
Amblychia insueta
»

ヤガ科 モンヤガ亜科」カテゴリの記事

高山蛾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/52787127

この記事へのトラックバック一覧です: 【0094】アルプスヤガ
Xestia speciosa ussurica
:

« 【0093】マダラキボシキリガ
Dimorphicosmia variegata
| トップページ | 【0095】チャマダラエダシャク
Amblychia insueta
»

無料ブログはココログ