« 【0098】モンキヤガ
Diarsia dewitzi
| トップページ | 【0100】ヒメモクメヨトウ
Actinotia polyodon
»

【0099】イブキスズメ
Hyles gallii

非常に美しい後翅を持つスズメガである。スズメガファンなら一度は憧れる種ではないだろうか。

中々その姿を見ることは叶わず、「珍品のスズメガ」 と呼ばれている。

生息地では昼間、ホバリングをしながら吸蜜しているのを見ることができるが、灯りには滅多に飛んでこない。

夜の灯火採集がメインの僕達には縁が遠い存在であるが、慣れない昼行もこの蛾のためなら苦ではないのだ。


S
20130726 長野県<標高1830m>

ホバリング個体を撮影した。

というか静止している個体を見たことがないのだ。

ここは採集禁止地域故に網を振ることもできないのだ。

幼虫の食草はヤナギラン、カワラマツバ。

高原のヤナギランを観察するととても目立つ黒いイモムシがついているのを見ることができる。

S_2
20130724長野県伊那市<標高1790m>

見つけるとビックリするくらいの大きさだ。


食草から主に高原に生息していると思っているが、突発的に低標高地で記録がある。

人が持ち込んだヤナギランやカワラマツバについてきているのか、長距離の飛行を行っているのか。

いろいろ推測はできるが確たる証拠がないので謎のままである。


memo.....
スズメガ科 ホウジャク亜科に分類されています。
埼玉での記録はありません。

« 【0098】モンキヤガ
Diarsia dewitzi
| トップページ | 【0100】ヒメモクメヨトウ
Actinotia polyodon
»

スズメガ科 ホウジャク亜科」カテゴリの記事

亜高山蛾(関東近辺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/52992016

この記事へのトラックバック一覧です: 【0099】イブキスズメ
Hyles gallii
:

« 【0098】モンキヤガ
Diarsia dewitzi
| トップページ | 【0100】ヒメモクメヨトウ
Actinotia polyodon
»

無料ブログはココログ