« 【0099】イブキスズメ
Hyles gallii
| トップページ | 【0101】ヤママユ 屋久島以北亜種
Antheraea yamamai yamamai
»

【0100】ヒメモクメヨトウ
Actinotia polyodon

非常に美しいヨトウガ。個人的にはヨトウ界随一の美しさだと思っている。

【コモクメヨトウ】に似ているが、ヒメモクメヨトウの方が斑紋にメリハリがあってやや黒っぽい印象を受ける。

前縁部からの白い部分がヒメモクメヨトウは格段に狭い。


コモクメヨトウは低地にも生息を確認しているが、ヒメモクメヨトウは標高が高めの(1500m~)ところでしか確認していない。

あくまで僕個人の観察例なので実際は低地にも生息しているのかもしれないが・・・
>>>>>>>>>150131追記
比較的低標高地(標高350m)の記録として群馬県旧松井田町が報告されていた。
森下和彦,1966.コモクメヨトウとヒメモクメヨトウの混棲地の記録.蛾類通信43:417.
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
幼虫の食草はオトギリソウが記録されている。

S_3
>20130714 群馬県吾妻郡草津町<標高2140m>

日本産蛾類標準図鑑によると、オスの触角は繊毛状と記述がある。

するとこの個体はメスであろうか?

しかし今まで撮影した個体を見ても繊毛状触角の個体はなかった。

オスの撮影を今後の課題としたい。

種小名はpolyodon(ポリオドン)。単純に検索すると「チョウザメ属」と出てしまう。

他にはセネキオ ポリオドンという植物。 他にもいくつかの学名に使われている。

ラテン語ではpoly~で「たくさんの」という意味がある。 odon には「歯牙状の切れ込みのある」という意があるようだ。

ということで「たくさんの歯牙状の切れ込みのある」という意味であろう。しっくりくる。


出現は5月、7~9月の2化。埼玉では高標高地での記録がある。

« 【0099】イブキスズメ
Hyles gallii
| トップページ | 【0101】ヤママユ 屋久島以北亜種
Antheraea yamamai yamamai
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

亜高山蛾(関東近辺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/53000668

この記事へのトラックバック一覧です: 【0100】ヒメモクメヨトウ
Actinotia polyodon
:

« 【0099】イブキスズメ
Hyles gallii
| トップページ | 【0101】ヤママユ 屋久島以北亜種
Antheraea yamamai yamamai
»

無料ブログはココログ