« 【0115】フタキスジエダシャク
Gigantalcis flavolinearia
| トップページ | 【0117】モモイロキンウワバ
Anadevidia hebetata
»

【0116】キトガリキリガ
Telorta edentata

越冬をしないテロルタ属のキリガである。

おおよそ10月半ばくらいにその姿を見ることが多い秋の蛾だ。

テロータは日本で3種確認されているが、いずれも秋の大体同じ時期に出現する。


地味な仲間ではあるがキリガのシーズンインを知らせてくれる蛾たちだ。


S
【成虫♂写真】20131014 埼玉県秩父市豆焼橋付近<標高980m>

オスの触角には毛束が目立つのがわかるかと思う。


S_2
【成虫♀写真】20131014 埼玉県秩父市豆焼橋付近<標高980m>

同日同所にいたメス。

触角が糸状なのがわかる。色もオスに比べると若干薄いようだ。

食草はナシやクヌギ、アベマキが記録されている。

埼玉では平地から山地まで幅広く記録がある。

« 【0115】フタキスジエダシャク
Gigantalcis flavolinearia
| トップページ | 【0117】モモイロキンウワバ
Anadevidia hebetata
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

秋キリガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/53667349

この記事へのトラックバック一覧です: 【0116】キトガリキリガ
Telorta edentata
:

« 【0115】フタキスジエダシャク
Gigantalcis flavolinearia
| トップページ | 【0117】モモイロキンウワバ
Anadevidia hebetata
»

無料ブログはココログ