« 【0118】エグリヅマエダシャク 本土伊豆諸島以外亜種
Odontopera arida arida
| トップページ | 【0120】フタスジフユシャク
Inurois asahinai
»

【0119】ミヤマフユナミシャク
Operophtera nana

関東・中部地方の山地に生息するフユシャクの仲間である。

場所によっては10月から発生しているようだが、11月初旬~中旬に見る印象が強い。

フユシャクのトップバッター的存在だ。

カラマツに依存しているので、カラマツ林がないと生息していない。

S
【成虫♂写真】20131108 群馬県吾妻郡嬬恋村<標高1170m>

ここ数年、♀を探してカラマツ林に通っているが未だに見つからない。

いつかは見てみたいものだ。

>>>>>>>>>180321追記

数年に及ぶ探索の末、ようやくペアを見つけることができた。

Photo_5

Photo_3 20161106群馬県長野原町北軽井沢<標高1366m>


メス単体で撮影。ナミスジよりも小さく、色が濃い。

Photo_4
20161106群馬県長野原町北軽井沢<標高1366m>
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


種小名はnana (ナナ)。こういうのは大概神話がらみな気がする。

ギリシャ神話に出てくる女神NANAのことか・・・?

カラマツの少ない埼玉では未記録の種であったが、2017年に報文が発表された。
釣巻岳人,2017.和名倉山の昆虫(8) フユシャクガ類.寄せ蛾記(166):30-39

« 【0118】エグリヅマエダシャク 本土伊豆諸島以外亜種
Odontopera arida arida
| トップページ | 【0120】フタスジフユシャク
Inurois asahinai
»

シャクガ科 ナミシャク亜科」カテゴリの記事

冬尺蛾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/53874320

この記事へのトラックバック一覧です: 【0119】ミヤマフユナミシャク
Operophtera nana
:

« 【0118】エグリヅマエダシャク 本土伊豆諸島以外亜種
Odontopera arida arida
| トップページ | 【0120】フタスジフユシャク
Inurois asahinai
»

カテゴリー

無料ブログはココログ