« 【0120】フタスジフユシャク
Inurois asahinai
| トップページ | 【EXTRA-03】~MOTHPHILIA 氷堂涼二 蛾集~ 発売のお知らせ。 »

【0121】フチグロトゲエダシャク
Nyssiodes lefuarius

春の短い期間にだけ現れる昼行性のフユシャクである。

河川敷によく生息地が知られているが、元々は草原性の蛾らしい。

人間の開発により生息場所が河川敷に狭められていった、と見るべきかもしれない。


♂の飛翔は素早く、枯れ草が保護色となり見失うケースが多い。

大人しく撮影対象になってくれることが多い蛾類にしては写真が撮りづらい種だ。


S
【成虫♂写真】20140303 埼玉県さいたま市<標高10m>

♂はフサフサの触角が目立つ、『櫛髭四天王』の一員だ。

太陽が出ていて風が弱い時によく飛ぶようだ。時間的には正午前後によく見る印象がある。

対する♀は全くの無翅でアザラシのタマちゃんのような風貌だ。

S200902210027
【成虫♀写真】20090221 埼玉県さいたま市<標高10m>
産卵中失礼して撮影した。

Sp3011489111
【成虫交尾写真】20100301 埼玉県さいたま市<標高10m>

2回観察した交尾の時間はいずれも12時半頃。しかし交尾後も♀はまたコーリングして再交尾するという。

あまり聞かない習性である。


S_2
【幼虫写真】20130504 飼育<自宅撮影>


幼虫はノイバラやクローバーなど、多岐にわたる草本を食草とする。

僕はサクラを食べさせていたがよく食いついてくれた。(糞が良い香りになったりする)




フユシャクの中でもフチグロトゲエダシャクは非常に人気が高く、蛾屋以外にも人気である。

観察に生息地へ行くと網を持った人と遭遇する確率が高い。

フサフサ触角の♂と愛くるしいアザラシのような♀は"フッチー"の愛称で今年も虫屋に春を告げてくれる。



種小名lefuarius (レフアリウス)。 ルーマニア語でlefua=「洗練された」 riusは接尾辞か。これだと信じたい。



埼玉では2月後半から3月前半に出現。

産地は非常に少なく、埼玉県RDB2008で絶滅危惧I類に指定されている。


« 【0120】フタスジフユシャク
Inurois asahinai
| トップページ | 【EXTRA-03】~MOTHPHILIA 氷堂涼二 蛾集~ 発売のお知らせ。 »

シャクガ科 エダシャク亜科」カテゴリの記事

フユシャク」カテゴリの記事

埼玉県RDB種」カテゴリの記事

コメント

川北さん、一昨日は大変お世話になりました。
いろいろ教えていただき、感謝しています。
昨日は絶好の天気に恵まれ、なんと交尾~産卵、観察できてしまいました。
ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

フチグロトゲ良い蛾ですね。

札幌でもいつか撮影したフユシャクです。

はじめまして。
フユシャクを探すようになって(と、言っても普通種ばかりですが)、フユシャクについて色々検索していたらコチラにたどり着きました。

フチグロトゲエダシャクは今年是非見たいと思うフユシャクでありマス。
♀もこれまた可愛らしいデスね・・!


早速、「なんとなーく昆虫撮影」リンクさせて頂きました!
また拝見させていただきマス。

>mtanaさん
こちらこそお世話になりました。
おたがい交尾産卵の撮影もクリアしてよかったですね!
またどこかのフィールドでお会いしましょう!

>だんちょうさん
札幌では5月頃ですかね?
素早いので撮るのは難儀しますよ~
頑張ってください!

>くまGさん
リンクありがとうございます!
ただそっちのブログは絶賛休止中です^^;
こっちをメインブログにしようと思ってるのですがなかなか時間が^^;
今後ともよろしくお願いしますー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/55226594

この記事へのトラックバック一覧です: 【0121】フチグロトゲエダシャク
Nyssiodes lefuarius
:

« 【0120】フタスジフユシャク
Inurois asahinai
| トップページ | 【EXTRA-03】~MOTHPHILIA 氷堂涼二 蛾集~ 発売のお知らせ。 »

無料ブログはココログ