« 【0124】モンハイイロキリガ
Lithophane plumbealis
| トップページ | 【0126】タケウチエダシャク
Biston takeuchii
»

【0125】クロミミキリガ
Orthosia lizetta

春キリガのオルトシア属に分類されている。少し小さめのキリガだ。

写真で見ると【ホソバキリガ】【クロテンキリガ】【ブナキリガ】【ヨモギキリガ】【ミヤマカバキリガ】など似ている種が多く、

特徴的な斑紋が出ていないとお蔵入りになってしまうこともある。

Skuromimi
【成虫♂写真】20140403山梨県北杜市大泉町<標高1120m>

ここまで特徴が出ていると簡単にクロミミと判断できるのだが・・・

個体変異がとても多く一筋縄ではいかない。


ちなみに僕がクロミミキリガに至るまでのプロセスとして


・大きさ的にはヨモギ≧ミヤマカバ≧ホソバ≧クロミミ≧ブナ・クロテン 

 ある程度キリガを見慣れているとヨモギとミヤマカバはすぐ候補から外せる。


・外横線がカクっと曲がっている
 
 ここでもヨモギは外れる。ブナもここで消える。


・クロテンは翅長が尖り、前翅の幅が狭い。点刻状の中横線が尖り気味に膨らむ。

 ここで該当していなければクロテンが消える。


残るはホソバキリガ。いくつか僕が違ってると思う点、図鑑に載っている相違点を挙げてみる。
・ホソバは一見して大きい個体が多い(クロミミサイズも存在する)
・触角がクロミミのほうが発達している(メスには使えない)
・クロミミは色が薄く白っぽい個体が出る(ホソバには出ないがクロミミはそうでない個体もたくさん)
・クロミミは外横線を黒紋が挟む(ならない個体も)
・クロミミは腎状紋の下側(生体では胴体側)が黒くなる(ならない個体も)
・クロミミは外縁がスラっとしているのに対しホソバは僅かに波打つ(僕の持論なので当てにならない)

ここまで照合しても判断に困るようなら諦めたほうがいいだろう。

食草は様々な広葉樹が記録されていて広食性のようだ。

埼玉でも川口、浦和から三峰、入川まで広く記録されている普通種である。

« 【0124】モンハイイロキリガ
Lithophane plumbealis
| トップページ | 【0126】タケウチエダシャク
Biston takeuchii
»

ヤガ科 ヨトウガ亜科」カテゴリの記事

春キリガ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

本当にこの辺の蛾の同定がなかなか困難で参ります。
なるべく数撮影してますが、絵合わせ同定でじっくり調べて見ます。

クロテンがあまりこっちにいないので難しいっす
中横線がわかりやすいですね。

ホソバはツルっとしてる感があるとかなんとなくは色々あるんすけどね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/55768962

この記事へのトラックバック一覧です: 【0125】クロミミキリガ
Orthosia lizetta
:

« 【0124】モンハイイロキリガ
Lithophane plumbealis
| トップページ | 【0126】タケウチエダシャク
Biston takeuchii
»

無料ブログはココログ