« 【0133】アズサキリガ
Pseudopanolis azusa
| トップページ | 【0135】ウンモンスズメ
Callambulyx tatarinovii gabyae
»

【0134】アメイロホソキリガ
Lithophane remota

【ナカグロホソキリガ】とよく似た越冬キリガである。

飴色ということで色が薄茶褐色のキリガ。

1998年に記載されたばかりの新しい種だ。TINEA ,15(Supplement 1).1998.

現地で「これはアメイロ!」と断言できることは少ない。アメイロっぽいナカグロが存在するからだ。

怪しいのを採集して家に帰って写真と標本をよーく見比べて「うん、これはアメイロだな」と同定している。


Sameiro
【成虫写真】20140504 山梨県山梨市<標高1400m>


越冬前と越冬後では少し雰囲気が変わる。

越冬前は色が濃く、更にナカグロとの区別が困難になる。

Same
【成虫写真】20131014 埼玉県秩父市小品沢<標高900m>


差異点をナカグロの時も書いたが、いかんせん文字で表すだけではわかりづらい。

ということで差異点をまとめて比較画像を作ってみた。


Sp5043933
【成虫比較写真(越冬後)】上:ナカグロホソキリガ 下:アメイロホソキリガ

他にもアメイロは前翅の幅が狭いという特徴もある。

図鑑に記述されている相違点であるが、肩の部分の記述は僕の私見である。参考程度にして頂きたい。

新しい種のため、記録が少ないが埼玉にも生息している。

僕が知るかぎりは秩父市で記録されている。


種小名はremota< (レモト)=遠隔、辺鄙ななど。要は辺鄙なところにいるリトファネということか。


食草が未だ不明である。近縁種ナカグロホソキリガはサクラで飼育された記録があるが、

アメイロと分化する前の記録であるため、実際はどちらの幼虫かはっきりしていないようだ。


« 【0133】アズサキリガ
Pseudopanolis azusa
| トップページ | 【0135】ウンモンスズメ
Callambulyx tatarinovii gabyae
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

越冬キリガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/56461179

この記事へのトラックバック一覧です: 【0134】アメイロホソキリガ
Lithophane remota
:

« 【0133】アズサキリガ
Pseudopanolis azusa
| トップページ | 【0135】ウンモンスズメ
Callambulyx tatarinovii gabyae
»

無料ブログはココログ