« 【0145】ヒメヤママユ
Saturnia jonasii
| トップページ | 【COLUMN-001】蛾の採集、其の壱 >>灯下採集<< »

【0146】フキヨトウ
Hydraecia petasitis amurensis

関東中部地方では山地で見られる。(と思っている)

僕の体験だけで語れば1000m以上に限られるが、記録としてはもう少し下でも記録されている。

地味な風合いでスルーされがちな種かもしれない。

似た種に【キタヨトウ】と【スギキタヨトウ】がいる。

食草はアキアブキ、ハンゴウソウといったキク科が記録されている。


Sfukiyotou
【成虫♂写真】20131007 群馬県草津町草津国有林<標高2000m>

以前はHydraecia amurensis という独立種であったが、近年Hydraecia petasitis に統合され、

amurensis は亜種となった。

種小名 petasitis (ペタシティス)はpetasi-tis 帽子? 接尾辞が複数形なので前翅を帽子と見立てたのか。
 

埼玉県では三峰や栃本の高標高地から小川町栗山、日高市といった丘陵地帯でも記録されている。

« 【0145】ヒメヤママユ
Saturnia jonasii
| トップページ | 【COLUMN-001】蛾の採集、其の壱 >>灯下採集<< »

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【0146】フキヨトウ
Hydraecia petasitis amurensis
:

« 【0145】ヒメヤママユ
Saturnia jonasii
| トップページ | 【COLUMN-001】蛾の採集、其の壱 >>灯下採集<< »

カテゴリー

無料ブログはココログ