« 【0152】コウスチャヤガ
Diarsia deparca
| トップページ | 【0154】キクセダカモクメ
Cucullia kurilullia kurilullia
»

【0153】プライヤオビキリガ
Dryobotodes pryeri

秋に出現し、越冬せず冬には死に絶えてしまう秋キリガの仲間である。

Dryobotodes 属(ドリョボトデス?)はこの種しか僕はみたことがない。プライヤですらあまり見ない。

あまり相性のよくない属なのか。

個体変異が意外に多く、白っぽいの個体から黒っぽい個体まで幅広い。

しかし、大きさと出現時期からプライヤオビキリガにたどり着くのはそう難しいことではないはずだ。

S
【成虫写真】20141004埼玉県秩父市三峰<標高700m>

種小名はpryeri (プリェリ、でいいのか?)。 和名にもある『日本蝶類図譜』を書いたPryer, Henry James Stovin,氏(プライヤ- ヘンリー ジェームス ストーヴィン,1850-1888)氏のことであろう。

プライヤー氏の名前を冠した和名は多いが、学名にはそれ以上に多く見られる。

検索したところ日本の蛾類では19種の種小名、亜種名にpryieri がつけられている。

【ミノウスバ】に至っては属名がPryeria だ。

正直な話、昔はプライヤを食樹の樹木か何かなんだろうと勘違いしていた。


食樹はヒメヤシャブシやコナラ、カシワとなっている。

埼玉県での記録は少なくない。浦和でも記録があるようだ。

« 【0152】コウスチャヤガ
Diarsia deparca
| トップページ | 【0154】キクセダカモクメ
Cucullia kurilullia kurilullia
»

ヤガ科 キリガ亜科」カテゴリの記事

秋キリガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/58129511

この記事へのトラックバック一覧です: 【0153】プライヤオビキリガ
Dryobotodes pryeri
:

« 【0152】コウスチャヤガ
Diarsia deparca
| トップページ | 【0154】キクセダカモクメ
Cucullia kurilullia kurilullia
»

無料ブログはココログ