« 【0167】キドクガ
Kidokuga piperita
| トップページ | 【0169】ゴボウトガリヨトウ
Gortyna fortis
»

【0168】ヒメシロドクガ
Arctornis chichibense

個人的にはドクガ科の中でも一、二の美しさを誇ると思っている蛾だ。

薄く透けた緑色をしたその翅は、生きている時だけに特有の色である。この美しさは標本に残せないのだ。

植樹がブナ、ミズナラの為、関東近辺ではある程度の標高がないと生息していない。

本州には同じような白いドクガが多種生息しているが、

【スゲドクガ】【オオスゲドクガ】←止まり方が違い、若干黄色味を帯びる

【ヤナギドクガ】【ブチヒゲヤナギドクガ】←止まり方が違う

【キアシドクガ】【ヒメキアシドクガ】←脚が黄色い

【スカシドクガ】【エルモンドクガ】←前翅に黒点、L紋が見られる

と意外に消去法で同定ができる。


S110731
【成虫♀写真】20110731 埼玉県秩父市大滝<標高830m>

僕の美的感覚では緑色が薄いほど美しい。しかし真っ白ではダメだ。

この個体に出逢ったときは思わず息を飲んで見とれてしまった。






成虫は春と真夏の2化するようで夏の個体は小さくなるという。

種小名はchichibense (キキベンセ)。接尾辞-enseは地名の後につく語句だ。

ということはchichib=地名である。ひょっとすると埼玉県秩父市のことだろうか?

以前はArctornis alba chichibense という学名で、検索すると確かに似た蛾がヒットする。

保育社の原色日本蛾類図鑑にはこの学名で載っており、原名亜種は大陸に生息すると記述がある。

その後、chichibense alba とは別種ということが判明したということと思うが、文献が拾えない。


埼玉では秩父地方で多く記録されている。

旧浦和市でも1件の記録があるが(市川,1978)食樹のブナ・ミズナラがあるとは考えにくく、標本を確認する必要がある。

« 【0167】キドクガ
Kidokuga piperita
| トップページ | 【0169】ゴボウトガリヨトウ
Gortyna fortis
»

ドクガ科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【0168】ヒメシロドクガ
Arctornis chichibense
:

« 【0167】キドクガ
Kidokuga piperita
| トップページ | 【0169】ゴボウトガリヨトウ
Gortyna fortis
»

カテゴリー

無料ブログはココログ