« 【0169】ゴボウトガリヨトウ
Gortyna fortis
| トップページ | 【0171】アオヤマキリガ
Orthosia aoyamensis
»

【0170】エビガラスズメ
Agrius convolvuli

我が家でよく発生するスズメガである。アサガオの葉を食い尽くして10月ごろに羽化しているようだ。

5月から発生する蛾なのだが、我が家では秋にしか見たことがない。食草も関係しているのかもしれない。

腹部の赤い部分が良く目立ち、「エビガラ」の和名の由来となっている。


S111019_2
【成虫写真】20111019埼玉県蕨市<標高5m>

都市部でよく発生する大きな蛾なので、嫌悪の対象となることが多いようだ。

しかし特に害はないどころか、良く見ると眼が大きく愛嬌がある顔をしている。

先入観で嫌わないでよく観察してみてほしいと思う。


種小名はconvolvuli (コンボルブリ)。人名由来かと思ったが、ヒルガオの学名がconvolvulus のようだ。

主たる食草であるヒルガオに関係した命名のような気がする。


アサガオの他、サツマイモやゴマ、アズキ、タバコなどでも発生するようだ。

埼玉では多くの記録がある。

« 【0169】ゴボウトガリヨトウ
Gortyna fortis
| トップページ | 【0171】アオヤマキリガ
Orthosia aoyamensis
»

スズメガ科 スズメガ亜科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/58427515

この記事へのトラックバック一覧です: 【0170】エビガラスズメ
Agrius convolvuli
:

« 【0169】ゴボウトガリヨトウ
Gortyna fortis
| トップページ | 【0171】アオヤマキリガ
Orthosia aoyamensis
»

無料ブログはココログ