« 【0180】イボタガ
Brahmaea japonica
| トップページ | 【0182】ヒメハイイロカギバ
Pseudalbara parvula
»

【0181】エゾスズメ
Phyllosphingia dissimilis dissimilis

後翅がはみ出す特異な形状をしたスズメガの仲間である。

同じような形状をしたものに【ノコギリスズメ】がいるが、そちらは灰色一色。違いはすぐに判ると思う。

「エゾ」というネーミングは北海道の旧名、蝦夷から来てると思われるが、寒冷地に特有なわけではなく

九州地方まで記録がある。特にエゾらしさは見当たらない。

エゾ〇〇という種は概してそんな種が多い。もちろん北海道特有の種もいるのだが・・・


新鮮な個体は紫がかってゾクっとするほど美しい。しばし惹きこまれて眺めてしまう。

成虫は5~7月の年一化。初夏の蛾、といったイメージだ。


Sp5208236
【成虫♂写真】20150520 嬬恋村鎌原<標高1200m>


アップで撮ると愛らしい顔をしている。口吻は退化しているようだ。

裏側が意外と派手なのがわかる。

Sp5244355
【成虫写真】20090523 安中市松井田町坂本<標高600m>


交尾は♀が上になる。この辺は蛾の基本パターンだ。
S2
【成虫交尾写真】20100619 秩父市三峰<標高1000m>

種小名はdissimilis(ディッシミリス)。ラテン語で「異質の」という意味だ。

その特異な外見を評してのことだと想像に難くない。

埼玉では入間市以西に記録が偏っており、最近まで山地の種だと思っていたのだが・・・

つい先日、さいたま市桜区の公園でも採集できた。食樹のオニグルミがあれば生息は可能なようだ。

« 【0180】イボタガ
Brahmaea japonica
| トップページ | 【0182】ヒメハイイロカギバ
Pseudalbara parvula
»

スズメガ科 ウチスズメ亜科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/60303365

この記事へのトラックバック一覧です: 【0181】エゾスズメ
Phyllosphingia dissimilis dissimilis
:

« 【0180】イボタガ
Brahmaea japonica
| トップページ | 【0182】ヒメハイイロカギバ
Pseudalbara parvula
»

無料ブログはココログ