« 【0182】ヒメハイイロカギバ
Pseudalbara parvula
| トップページ | 【0184】センモンヤガ
Agrotis exclamationis informis
»

【0183】ホシベッコウカギバ
Deroca inconclusa phasma

♂と♀で少し斑紋の濃淡があるが、透き通る翅が美しいカギバガの仲間である。

普遍的に分布するヤマボウシなどを食樹とし、年3化と春から秋まで、平地から山地まで見られる蛾のようだが・・・

私的遭遇率は低めである。それだけに遭遇した時は嬉しく思う蛾のひとつだ。


Shosibekkoukagiba
【成虫♀写真】20150530 高萩市花貫<標高370m>

♀は♂より薄く、儚さを感じさせる美しい蛾である。♀ではあるが、櫛のような触角が目立つ。

♂は何度か遭遇しているはずだが、単体では撮影していなかったようだ・。次回以降の課題としよう。

Folgbmvzqelhzzjn_re
【成虫交尾写真】撮影日時不明 那須塩原市青木<標高350m>

場所の記憶はあり、2008年頃に撮ったはずだがどうにも元画像が見つからない。

縮小保存した画像はあるものの日付で分けた元画像フォルダには見当たらないので正確な日付は不明とした。

種小名はinconclusa (インコンクルサ)。スペイン語で「未完」の意があるようだ。

薄く透けた斑紋はまだ完成していない、ということだろうか。


以前、この種は♂と♀が別種とされており、♂はホシベッコウD. inconclusa

♀がウスボシベッコウD. phasma とされていた。

しかし井上(1955)によりウスボシベッコウは全て♀ということがわかり、同種とされた。

さらには第一化の大型個体も別種D.decisa とされていたようでこれも併せて同種とされた。
井上寛,1955.蛾類の学名覚え書き(5 ).蝶と蛾 6:12.

この時点ではインド原産のD. inconclusa とは別種とされ、D. phasma の学名が充てられていた。

現在はD. inconclusa の亜種とされ、phasma の名が亜種名として残っている。


埼玉では秩父や皆野町といった西部での記録がある。

« 【0182】ヒメハイイロカギバ
Pseudalbara parvula
| トップページ | 【0184】センモンヤガ
Agrotis exclamationis informis
»

カギバガ科 カギバガ亜科」カテゴリの記事

コメント

Walker には inconclusa とか inconcluso といった命名がいくつかあって,記載文を読むと,横線が incomplete だとか inperfect だとかいった共通点があるようです。夢のない話ですみません。

おおなるほど、横線が不完全ってことですね。
納得ですw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1642520/60306655

この記事へのトラックバック一覧です: 【0183】ホシベッコウカギバ
Deroca inconclusa phasma
:

« 【0182】ヒメハイイロカギバ
Pseudalbara parvula
| トップページ | 【0184】センモンヤガ
Agrotis exclamationis informis
»

無料ブログはココログ