« 【0202】クロフカバシャク
Archiearis notha okanoi
| トップページ | 【0204】ホソアオバヤガ Actebia praecox flavomaculata »

【0203】ヒメアケビコノハ
Eudocima phalonia

♂は【アケビコノハ】によく似ているが、♀はアケビコノハとは違い、木の葉状とは違う模様をしている。

後翅の黒い部分が広く、アケビコノハとは違うのがわかる。

北は北海道から広く散発的な記録があるようだが、関東近辺では定着していないようで毎年採集される種ではない。

国外では東南アジアをはじめオセアニア、アフリカなどにも生息し、相当に広い分布域を持つ種のようだ。

船の甲板上で採集されたこともあり、遠距離を移動して生息地を拡大しようとする種であることが伺える。
村田 浩平 ・ 土屋 守正・増島 宏明,, 2007.太平洋上を浮遊する昆虫類と島嶼の昆虫相に関する研究 : 昆虫類の島嶼間移動の可能性.,昆蟲(ニューシリーズ) 10(4), 75-87,

そんな関東では稀なヒメアケビコノハ、10月の記録が多い。

Photo
【成虫♀写真】20181013 山梨県 <標高1650m>

長距離を移動してきたにしては妙に綺麗である。羽化したてじゃないかと思えるくらいだ。

ここからは僕の仮説になるが・・・

ライトトラップ中に霧が通過すると大量の飛来があることは蛾屋なら経験しているかと思う。

このヒメアケビコノハも霧の中から数多の蛾と共に飛来してきた。

これはコウモリのエコーロケーションが減衰される霧や低層の雲に紛れて移動してきているのではないだろうか。

例えば梅雨前線と共にやってきた個体が山にぶつかったとき彼らはそこに降り立ち、新たな生息地にしようとしてそこで産卵し、秋に成虫となる。

冬は越すことができず、翌年同じ場所で採集されることはない…

こう考えると一見南方種に似つかわしくない山奥で10月に綺麗な個体が採集されることに説明がつく。

しかし夏の間に幼虫が採集されていないとこの説は立証できないのだが…


俗にいう偶産蛾とは、偶々飛ばされてきたのではなく貪欲な生息地拡大の一端を垣間見ているだけなのかもしれない。

種小名はphalonia(ファロニア)。よくわからなかった。

ファロニア島というのが地中海にあるようだけど、縁もゆかりもない。


埼玉での記録は三峰山と両神山の二例。+僕が三峰山で採集している。

S1002
【成虫♀写真】20101003 埼玉県 <標高1000m>


« 【0202】クロフカバシャク
Archiearis notha okanoi
| トップページ | 【0204】ホソアオバヤガ Actebia praecox flavomaculata »

南方偶産種(関東近辺)」カテゴリの記事

ヤガ科 エグリバ亜科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【0203】ヒメアケビコノハ
Eudocima phalonia
:

« 【0202】クロフカバシャク
Archiearis notha okanoi
| トップページ | 【0204】ホソアオバヤガ Actebia praecox flavomaculata »

カテゴリー

無料ブログはココログ