シャクガ科 エダシャク亜科

【0200】カバシタムクゲエダシャク
Sebastosema bubonaria

 
 「カバシタムクゲエダシャク」

蛾屋でなくとも名前くらいは聞いたことがあるかもしれない。

♀は1992年、♂に至っては1970年以来ずっと見つかっていなかったまさに「幻の蛾」である。

2008年からフユシャクを始めた僕であるが、半分UMA扱いのこの蛾を真面目に探しに行ったのは一度きりだ。

痕跡すら見つけることのできなかった僕らは、それ以来カバシタカバシタと言うものの殆ど何もしていなかった。


諦めていたのだ。


しかし、あの2016年3月17日にすべては一変した。


昼前、親交の深いY氏から一報が入った。

「やった!!」の文字と共に送られてきた画像に写っていたのは紛れもない、毒瓶に入っているカバシタムクゲの♂であった。

僕らは色めき立った。蛾LOVE氏に連絡を取り、次の日に向かうことにした。

翌日は金曜日であったが、もちろん仕事などしている場合ではない。


2016年3月18日、僕らは彼の地へ向かった。ミノムシ研究者のN氏、むし社のK氏も一緒だ。

彼の地には昨日Y氏と一緒に採集をしていたフユシャクの第一人者、中島秀雄氏がいた。

5人で彼の地を歩く。


8時45分。橙色の飛翔体が目の前を飛ぶ。

「いた!あれだ!!」口々に叫ぶ。走る。振り逃がす。

その後も橙色の飛翔体は僕らを嘲笑うかのように飛び回る。


速い。とても追いつけない。

ネットなどほとんど振らない僕らに採れるシロモノではない。

10数個体を見るも5人のネットに収まった個体はいなかった。


11時を過ぎると飛翔体もなくなった。一行にあきらめムードが漂い始めたその時である。


「おーい!!!!」


50m先くらいの林縁部から中島氏の声がする。というかこんなに大きい中島氏の声を僕は今まで聞いたことがなかった。

「採ったか!?」

一行は慌てて中島氏のもとへ駆け寄る。


満面の笑みを湛えた中島氏が指さした先に・・・  いた。

P3181966
【成虫♀写真】20160318

いた。本当にいた。幻ではなかった。

人は興奮しすぎると立てなくなる。僕はこの時知った。脚が震えるのだ。

皆で記念写真を撮り、談笑する。素晴らしいひとときだ。

大きな、とても大きな収穫を得た僕らは林内を歩く。

蛾LOVE氏がいきなり僕を指さす。「ああああああ!!!いたああ!!!」

振り返るとそこに・・・ いた。

P3181981_2
【成虫♀写真】20160318

まさかの二個体目。しかしこれは悔しかった。僕のすぐ後ろにいたのだから…


卵を皆で持ち帰り育てることに。

飼育の顛末はこののち発行された日本の冬尺蛾

中島 秀雄 · 矢野 高広,2016.日本におけるカバシタムクゲエダシャクの再発見について.蛾類通信 (278):65-67
中島秀雄・阪本優介・松井悠樹・中 秀司, 2017,カバシタムクゲエダシャクの幼生期, TINEA 23(6)

もしくは蛾類学会コラム7 「なに食ってるか分からない蛾」を飼育して実験材料にする(1) 幻の蛾、カバシタムクゲエダシャクをご一読願いたい。


一年後、各人の家庭で続々と羽化するカバシタムクゲエダシャク。

我が家でもいくつかの個体が羽化した。実は今まで♂と♀が同一種である、という確証はなく推定であった。

この時初めてカバシタムクゲエダシャクの雌雄とされていた蛾は同一種だと確定したのだ。

P3060335
【成虫♂写真】飼育羽化

2017年3月、再び僕らは彼の地にいた。

今度は処女♀を持ち、コーリングに寄ってきた♂を採る作戦だ。

あれだけ苦労したのが何だったのかのように♂はたくさんやってくる。

Kabashitapea
【成虫交尾写真】20170321

野生の♂も採集することができた。


そしてまた一年後、僕は自分の手でようやく♀を採集することができた。
P3152916
【成虫♀写真】20180315

幻の蛾は眠りから覚めた。知見も増えた。これからは新産地も発見されるに違いない。

しかし幻の蛾がまだ幻の時に出会えたあの興奮、足に力が入らなくなったあの興奮は一生忘れないであろう。

僕の蛾人生に刻まれた出来事であることは間違いない。

種小名はbubonaria(ブボナリア)。まったくもってわからない。それでいい。

学名の意味くらいは謎のままでいい。


埼玉では一例、さいたま市田島にて♀の記録がある。次は埼玉での再発見を成し遂げなくてはいけない。

まだまだ僕とカバシタの付き合いは続きそうだ。

【0197】アトジロエダシャク
Pachyligia dolosa

春の訪れと共に現れる春の七枝尺、第三席。

一見シャクガには見えないその風貌は、毎春名前を尋ねられる蛾ランキングの上位である。

様々な広葉樹を食餌とするので普遍的に生息し、個体数も多い蛾だが見つけるとやはり嬉しくなるものだ。

春の季節が順調に推移しているのが感じられる。

P31929412
【成虫♂写真】20180319埼玉県秩父市大達原<標高360m>

種小名は dolosa (ドロサ)。 ラテン語で嘘、偽。 何かほかに対象となる種があるのかな…

埼玉では平野部から山間部まで幅広く多くの記録がある。

【0195】クワトゲエダシャク
Apochima excavata

目にする機会の多い【オカモトトゲエダシャク】に酷似した種である。

戦前はクワの害虫としてその名を馳せたが、桑畑の減少により生息地は急減した。

近年は点々と記録があるにすぎないレア蛾となってしまった。

環境省のRDBカテゴリでも準絶滅危惧(NT)に指定されており、生息地の保全が急務である。

僕が勝手に制定した【春枝尺四天王】(春に出現するエダシャクの中でも採集しにくい四種)の一角であり、

残り三種を採集していた僕にとってクワトゲは是が非とも出会っておきたい種であった。


そんなクワトゲ、有名な産地がいくつかあり僕はそのひとつ岐阜県の産地へ赴いた。

到着した感想はなんの変哲もない河川敷である。どこにでもありそう、といったら失礼かもしれないが

埼玉でもこのような環境はあるだろう。食樹であるクワは確かに散見されたが、特記するほど多いわけでもない。

本当にこんな場所にいるのかというのが正直なところだった。

しかしである。

小さな常夜灯の下に見慣れたスタイルの蛾がついている。

一見して色が薄い。クワトゲであった。

到着して5分。まだ陽も落ちていない。恋焦がれたクワトゲとの対面はあっけなく達成された。

P3042764
【成虫♂写真】20180304 岐阜県<標高 25m>

目的は達成してしまったが、せっかく6時間もかけて遠路はるばるやってきたのにこれで帰るのはちと寂しい。

追加を狙って少し離れた場所でライトトラップをやることにした。

19:00に点灯。何も飛来しない。ヒゲナガカワトビケラだけが増えていく。

21:00を過ぎてシモフリトゲやトビモンなどが飛来するがクワトゲは飛来しない。

あんなに小さい灯りに来てたんだ、発生しているんだ、来ないはずがない。

23:00。なにも増えない。ここまで何もこないとさすがにテンションが下がる。もう無理か…

23:30。何やら飛んできた。期待もせずに見てみたら




来た!クワトゲだ!!

P3042768
【成虫♂写真】20180304 岐阜県<標高 25m>

続けて2♂飛来。良かった良かった。どうやらクワトゲは日付が変わるあたりに活動するようだ。

そういえばオカモトも飛来は遅かったっけ。さて楽しくなってきたぞ。いくつ追加できるかな…


長男が叫ぶ。

「何だ?これおかしいよ?」


なんだなんだ何がおかしいんだ。


長男「クワトゲ?なんだろうけどなんかでけえよこれ」


は? まあそんな個体もいるだろ どれどれ…

P3042772
【成虫♀写真】20180304 岐阜県<標高 25m>

うわあああああ!!!!!! メスだ!!!!!!


メスだ。メスである。どうみてもメスだ。



クワトゲのメスは灯りにこない、のが定説である。

近似種で普通種のオカモトですらメスは灯りにこないので珍品なのだ。


でも飛来した。というか僕はこいつらのメスはほとんど飛べないんじゃないかとすら思っていた。


飛べたんだねキミたち。。。



ということで、合計6♂1♀を採集し、僕の岐阜行は大勝利で幕を閉じた。



さて、ここまでお読みの方は疑問を持つ方もおられると思う。

「オカモトとクワトゲって何が違うの?」

傍目にはそっくりなこの二種、いくつか相違点がある。


1.クワトゲは色が薄い

よく言われてることだが、クワトゲはオカモトに比べてくすんだような色である。


これは実際見ると意外とわかる。しかし、すべてをこれで識別できるかというと疑問符がつく。P3042753

顔を撮ってみても何かくすんだ色の薄い感じがする。彩度が低いと言うべきか?

2.クワトゲは前翅内横線が「くの字」になる

内横線とは一番頭側にある目立つ濃い線のことだ。(本来はもっと内側に亜基線というのもあるのだが)

これがクワトゲは「く」の字になり、オカモトは「(」状になるのである。

P3052781

特異な止まり方をするアポキマ属だが、翅を広げると普通の蛾になる。

こうなっていれば「く」の字になっているのがお判りいただけると思う。

しかし翅の模様を中々見せてくれないため、一見ではわかりづらい。



3.クワトゲの後脚には二対の距がある

【オカモトトゲエダシャク】 でも触れたが、クワトゲは後脚に二対の爪があるのだ。
P30427571_2

これは撮影のみでも角度に気を付ければ判別することができる。

当記事一枚目の画像にも二対の距が確認できるのでもう一度ご覧いただきたい。


以上のような識別点でクワトゲは判別できるので、アポキマを見つけたときにはご活用いただければと思う。

種小名は excavata(エクスカバ-タ) 掘る、とか掘り出し物、みたいな意味があるようだが相関は不明。

【アカエグリバ】にも同じ名前がついているようだ。


埼玉では1990年代初頭に皆野町と寄居町での記録がある。

【0160】チャエダシャク
Megabiston plumosaria

晩秋から初冬にかけて発生するエダシャクの仲間だ。『秋の七枝尺』の一員である。

発生時期から「これはなんというフユシャクですか?」という質問がくることが多い蛾でもある。

♂の触角は非常に発達しており、僕の中で『櫛髭四天王』として君臨している。


市街地にも生息しており、触角が目立つしゅなので目撃情報や撮影されていることが多い。

チャエダシャクのチャは食草のひとつ「茶の木」である。

しかし他にも様々な広葉樹を食草としているので順応性は高いようだ。

S_4
【成虫写真】20141127 埼玉県川口市大字芝<標高 5m>

この撮影地は我が家から車で5分くらいである。狭い雑木林ではあるが、生息を確認できた。


対して♀は触角が糸状で特徴に乏しい。

ろくな写真がなかった。
Spc212405
【成虫写真】20121221埼玉県さいたま市桜区<標高 5m>

確かこれは木に登って撮った写真だ。もうすこし良い写真を撮って差し替えよう。

四国九州にはよく似た【アシズリエダシャク】が生息している。


種小名はplumosaria (プルモサリア)。 ラテン語でplumosa=生き方という意があるが、意味が分からない。

少し検索するとスペイン語でplumosa=羽のような という意がある。

こちらは触角が羽のようなということでしっくりくる。記載者のLeechがイギリス人なのが気になるが…


埼玉の記録を見てびっくりした。当然多数の記録があるかと思いきや4件しかない。

朝霞市、入間市、浦和市、新座市。 県東南部に偏っている。 秩父でも見た記憶はあるが・・・

【0147】ナカジマフユエダシャク
Larerannis nakajimai

同じラレランニス属の【ウスオビフユエダシャク】と似たような晩秋に出現するフユシャクである。

時期にして11月下旬から12月上旬、ウスオビが終わりかけくらいの時期だ。

僕の感覚ではナカジマは相当局地的である。ウスオビは山に行けばいるだろーという感覚だが

ナカジマは適当に流してても会えた試しがない。どちらかというと南方の種なのだろうか。

Spb27581911
【成虫♂写真】20101127 山梨県富士河口湖町<標高1000m>

ウスオビに比べると完全に薄帯ではない。主張の激しい模様である。

ウスオビのラインを墨でなぞったようなラインはひと目で違うとわかる。

S
【成虫♀写真】20141123 山梨県富士河口湖町<標高1000m> 自宅にて撮影

この日は探索を予定していた。しかし事もあろうに骨折で家から出られなくなってしまった。

怪我で動けない僕に、探索に出かけた一寸野虫さんATSさんさらに翌日出かけた真神ゆさんが産卵前の生体を贈ってくれた。

初♀遭遇が自宅になってしまったが、やはり嬉しいものである。この場を借りてお礼申し上げます。


このナカジマフユエダシャク、記載された当初はシロフユエダシャクという和名であった。

しかし【シロフフユエダシャク】という種がおり、とても紛らわしいということで改名された。
中島秀雄,1989.ナカジマフユエダシャク(改称)の雌の発見.蛾類通信153:33.

種小名のnakajimai (ナカジマイ)は言うまでもなくフユシャク研究の第一人者、中島秀雄氏のことである。


ウスオビと混生している地域も一部あるようだが、ウスオビの確認されている埼玉では未だに記録されていない。

【0137】ヘリグロエダシャク
Bupalus vestalis vestalis

翅を閉じて止まるエダシャクの仲間だ。

「ヘリグロ」とは翅の縁が黒いことからつけられたであろう和名だが、静止時にその姿を確認することはできない。

展翅して初めてヘリグロの名がしっくりくる種である。

北海道と本州に生息しているようだが、本州ではある程度の標高がないと見ることができないと思う。

僕が見た個体はいずれも標高2000mオーバー。

実際にはそこまでの標高は必要ないと思われるが・・・ 北の蛾であることは間違いなさそうだ。

S2
【成虫♂写真】20140719 山梨県山梨市<標高2230m>

静止状態の♂であるが・・・

生態写真がネット上で見つからない。 以前知人に見せてもらった写真で頭には入っていたが、

翅を閉じて止まるという習性はこうして生で見るまではわからないと思う。

確かに図鑑を見ればそういった記述があるものの、認識度は低いのではないだろうか。


これだとヘリグロかどうかわかりづらいのでライトに集まり飛翔してる個体を撮影してみた。


S_2
【成虫♂写真】20140719 山梨県山梨市<標高2230m>

こうしてみると和名ヘリグロエダシャクにも納得ができる。

知人の話だと昼間も飛翔してる姿を見るという。図鑑にも昼飛性と記されているが、夜のライトにも集まる。

この日も複数の個体が集まってきた。


食草は詳細に確認されていないようだがマツ科との推測がある。

僕が撮影したポイント周辺はシラビソが多い。この辺りではシラビソを食草としているのかもしれない。

種小名はvestalis(ウェスタリス)=ウェスタの処女。古代ローマにて信仰されていた女神ウェスタに仕えた巫女たちのこと。

祀られた火を絶やすさないようにすることが仕事だったという。

その名の通り、処女であることが条件とされていたようだ。純潔な従者というイメージ。

確かにひらひらと灯りに集まる白いこの蛾はその名にふさわしい。良い名である。


埼玉でも秩父市矢竹沢(おそらくは入川林道か)で記録がある。

【0132】ムクゲエダシャク
Lycia hirtaria parallelaria

白銀の前翅に目立つ櫛状の触角を持つ魅力的なエダシャクである。

春の短い時期にだけ発生する種で、北海道と本州の一部(山梨、長野、岩手)にのみ記録があるようだ。

生息域が狭いのか、中々見ることができない蛾のように思う。

僕が勝手に制定した【春枝尺四天王】(春に出現するエダシャクの中でも採集しにくい四種)の一角であり、少なくとも僕は今回が初見であった。


この時は【ウスシモフリトゲエダシャク】を狙っての遠征であったが、集まる蛾を見ると明らかに時期が過ぎていた。

標高を上げに上げた結果の場所でも似たような顔ぶれだった。

しかし最後にこのムクゲエダシャクが一頭だけ飛来してくれたおかげで、結果的に良い遠征となってくれた。

S
【成虫♂写真】20140503 南佐久郡川上村七森沢<標高1500m>

このモフモフ具合と渋目の前翅、大きな触角、さらに中々出会えないレア度。

個人的にはもう少し人気が出てもよさそうな種だと思っているのだが、検索で出るのはカバシタ~の方ばかりだ。

メスは翅が半透明になるようで、そちらも是非出逢いたいものだ。

種小名はhirtaria (ヒルタリア)。アイスランド語で hirtar=収穫 という意味があるようだが真偽はわからない。


埼玉での記録が未だにないが、密かに狙っている種でもある。

【0126】タケウチエダシャク
Biston takeuchii

エダシャク亜科でも人気の高いビストン属に分類されている。

発生が非常に局所的で、日本鱗翅学会発行の"やどりが"では「日本の珍しい蛾」として紹介されている。(やどりが:142)
僕が勝手に制定した【春枝尺四天王】(春に出現するエダシャクの中でも採集しにくい四種)の一角であるが、

発生地では複数の飛来を見ることができ、珍種の大量飛来にアドレナリンの分泌が止まらなくなってしまう。

東雲色というのかこの煤けた赤い色のシャクガは他に憶えがなく一目でソレとわかる種だ。

Stakeuchii
【成虫♂写真】20140421下伊那郡下條村<標高510m>

この界隈では記録が多いようで僕もその恩恵に与ることができた。

この日は6♂が飛来し、そこにもここにもタケウチエダシャク、という豪華な灯火であった。

が、興奮しすぎてよりによって一番ボロな個体を撮影するという失態を犯してしまった。


発生地での遭遇は難しくないのかもしれないが、これだけ局所的に生息しているということは
ひとたびその地域の環境が変わってしまうと、一気に生息の危機に瀕してしまうのではないだろか。

食草はヤマモモやウラジロガシ、シダレヤナギで飼育成功との報告があるようだ。

東京、栃木、群馬での記録があるが、埼玉では未だ記録がない。

【0122】トギレフユエダシャク
Protalcis concinnata

クヌギ・コナラといったいわゆる雑木林で多く見られるフユエダシャクである。

つい最近までトギレエダシャクという和名で呼ばれていた種だ。

2009年にトギレフユエダシャクに改称されたばかりである。(誘蛾灯:196)

S_3
【成虫♂写真】20140309 埼玉県狭山市<標高70m>

♂はいわゆる地味エダシャク。中横線と外横線が急接近するのが特徴的だ。

個体変異が多いが、この特徴を覚えておけば同定に困ることはないと思う。

感覚的な話だが高標高地に行くほど色が薄くなる傾向がある気がする。

参考までに標高1300mで撮影した♂を添付しておく。

S_5
【成虫♂写真】20120519 長野県軽井沢町大字長倉<標高1300m>

関東平地では3月に見られる種だが、軽井沢では5月中旬でもその姿を見ることができた。

春キリガ等に比べるといくらなんでも遅すぎるような気もする。

1000m付近では3月下旬に確認している。何か羽化するにあたっての条件が揃わないのであろうか。


S_4
【成虫交尾写真】20140311 埼玉県狭山市<標高70m>

このペアは22時頃の撮影。♀を単独で撮影するのをすっかり忘れていた。

♀の翅はフユシャクと呼ばれるグループの中で一番大きく、まさに「途切れ」たその翅は見応えがある。

大きな翅は頑張れば飛べそうな気もするが、フユシャクの仲間ということはやはり飛べない。

翅をパタパタはためかせて必死に歩いて行く姿は可愛らしく、一度見てもらいたい光景だ。


埼玉では平地から山地まで幅広く生息している。

【0121】フチグロトゲエダシャク
Nyssiodes lefuarius

春の短い期間にだけ現れる昼行性のフユシャクである。

河川敷によく生息地が知られているが、元々は草原性の蛾らしい。

人間の開発により生息場所が河川敷に狭められていった、と見るべきかもしれない。


♂の飛翔は素早く、枯れ草が保護色となり見失うケースが多い。

大人しく撮影対象になってくれることが多い蛾類にしては写真が撮りづらい種だ。


S
【成虫♂写真】20140303 埼玉県さいたま市<標高10m>

♂はフサフサの触角が目立つ、『櫛髭四天王』の一員だ。

太陽が出ていて風が弱い時によく飛ぶようだ。時間的には正午前後によく見る印象がある。

対する♀は全くの無翅でアザラシのタマちゃんのような風貌だ。

S200902210027
【成虫♀写真】20090221 埼玉県さいたま市<標高10m>
産卵中失礼して撮影した。

Sp3011489111
【成虫交尾写真】20100301 埼玉県さいたま市<標高10m>

2回観察した交尾の時間はいずれも12時半頃。しかし交尾後も♀はまたコーリングして再交尾するという。

あまり聞かない習性である。


S_2
【幼虫写真】20130504 飼育<自宅撮影>


幼虫はノイバラやクローバーなど、多岐にわたる草本を食草とする。

僕はサクラを食べさせていたがよく食いついてくれた。(糞が良い香りになったりする)




フユシャクの中でもフチグロトゲエダシャクは非常に人気が高く、蛾屋以外にも人気である。

観察に生息地へ行くと網を持った人と遭遇する確率が高い。

フサフサ触角の♂と愛くるしいアザラシのような♀は"フッチー"の愛称で今年も虫屋に春を告げてくれる。



種小名lefuarius (レフアリウス)。 ルーマニア語でlefua=「洗練された」 riusは接尾辞か。これだと信じたい。



埼玉では2月後半から3月前半に出現。

産地は非常に少なく、埼玉県RDB2008で絶滅危惧I類に指定されている。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

COLUMN EXTRA イボタガ科 カイコガ科 カギバガ科 カギバガ亜科 カギバガ科 トガリバガ亜科 カレハガ科 ウスズミカレハガ亜科 カレハガ科 カレハガ亜科 カレハガ科 ホシカレハ亜科 カレハガ科 マツカレハ亜科 シャクガ科 エダシャク亜科 シャクガ科 カバシャク亜科 シャクガ科 ナミシャク亜科 シャクガ科 フユシャク亜科 シャチホコガ科 ウチキシャチホコ亜科 シャチホコガ科 トビモンシャチホコ亜科 スズメガ科 ウチスズメ亜科 スズメガ科 スズメガ亜科 スズメガ科 ホウジャク亜科 ドクガ科 ヤガ科 ウスベリケンモン亜科 ヤガ科 エグリバ亜科 ヤガ科 キリガ亜科 ヤガ科 キンウワバ亜科 ヤガ科 ケンモンヤガ亜科 ヤガ科 シタバガ亜科 ヤガ科 セダカモクメ亜科 ヤガ科 ヒメヨトウ亜科 ヤガ科 フサヤガ亜科 ヤガ科 モクメキリガ亜科 ヤガ科 モンヤガ亜科 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ヤママユガ科 エゾヨツメ亜科 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 亜高山蛾(関東近辺) 冬尺蛾 南方偶産種(関東近辺) 地味エダシャク 埼玉県RDB指定種 夏キリガ 成虫有毒種 春の七枝尺 春の三大蛾 春キリガ 春枝尺四天王 櫛髭四天王 環境省RDB指定種 秋の七枝尺 秋キリガ 越冬キリガ 高山蛾 (マツカレハ亜科)

カテゴリー

無料ブログはココログ