カギバガ科 トガリバガ亜科

【0179】キボシミスジトガリバ 本州亜種
Achlya longipennis longipennis


【0190】キボシミスジトガリバ 道央・道東亜種
Achlya longipennis tateyamai

雪も融け終わり、人が少し増え始めた山の中にひっそりと現れる蛾である。

一見トガリバには見えないその風貌は、渋めながらもハッキリとしており僕好みの模様だ。


毎年会えるとは限らないレア度も、この蛾に逢えた時の嬉しさが大きくなる要因でもある。

まだ暖かいとはいえない春の山の夜も、この蛾に逢えるかもしれないという期待だけで楽しみな場所となる。

S_2
20110503 日光市中宮祠<標高1260m>

Skibosi
20150519 嬬恋村万座<標高1860m>


種小名は longipennis (ロンギペンニス)。ラテン語でlongiは「長い」pennnisは「羽毛」という意味だ。


埼玉ではずっと記録がなかったのだが、近年中津川林道での記録が報告された。
櫛引陸奥男,2013.埼玉県初記録の蛾類36種 寄せ蛾記149:44-53.

食草は未だにわかっていない。


>>>>>>>>>160614追記
【0190】キボシミスジトガリバ 道央・道東亜種
Achlya longipennis tateyamai

北海道へ遠征した際に、道央・道東亜種を撮影することができた。

亜種としての違いを見比べて頂けると思い、同記事に配してみる。


Sp5132429
20160514 北海道上川郡上川町<標高1010m>

道央・道東亜種の特徴として、標準図鑑には「全体的に黒っぽい」「外横線の後縁付近での湾曲が弱い」とある。

同じ画面で見比べるとなるほど、という感じだ。 

しかし、、近年 Laszioet al.(2007)によって独立種にされた直後Tshistjakov(2008)にA. l. longipennisのシノニムとされたりして分類が未だに混沌としているようである。

このブログでは標準図鑑を踏襲して従来通りの亜種として掲載する。


さあ、あとは最難関の道南亜種だ・・・


【0031】ウスムラサキトガリバ
Epipsestis nigropunctata perornata

秋が深まり始める頃現れるエピプセスティス属のトガリバである。

【ムラサキトガリバ】に似ているが、ウスムラサキ~は腎状紋が目立つ。

翅長がムラサキトガリバほど尖らないような気もする。

が遭遇した個体が少ないのであまり確定的なことは言えない・・・


この蛾を関東近辺で見るためには標高をあげなくてはならず、僕が見た個体はいずれも1200m以上のところである。

S110918
20110918群馬県草津町入道沢付近<標高1850m>

図鑑には《関東近辺山地では10月~11月に出現》と記載してあるが、

このように標高を極端にあげると9月からでもいるのかもしれない。

最近学名がEpipsestis perornata perornataから変更になったようだ。

種小名はnigropunctata (ニグロプンクタータ) ラテン語でnigro=「黒」 punctat=「点」

横脈紋にある黒点を指してのことだろうか。

食草は未だにわかっていない。


埼玉県では近年記録された。
阪本優介・飯森政宏. 2013. 関東地方で得られた注目すべき蛾類 蛾類通信 268:154-158



以下記録
S111029
【成虫写真】20111029埼玉県小鹿野町八丁<標高1260m>






カギバガ科 トガリバガ亜科
→目次に戻る

Epipsestis
ウスムラサキトガリバ



その他のカテゴリー

無料ブログはココログ