ヤガ科 キンウワバ亜科

【0193】アルプスギンウワバ
Syngrapha ottolenguii nyiwonis

高山蛾、と呼ばれる蛾の中では唯一のキンウワバ亜科に属する。

コケモモ、ガンコウラン、クロマメノキが食草として記録されており、生息域と密接な関係があると思われる。

他の高山蛾に比べると低標高でも採集されており、高山蛾のなかでは比較的出会いやすい種類だ。

成虫は7~8月に見られるが、秋になると低標高地に降りてくるという習性もあるようで、純粋な高山蛾とは言えないかもしれない。


しかし、その美しさには何の関係もない。

新鮮な個体は美麗種が多いキンウワバの中でも1,2を争うのではないかと勝手に思っている。

S
【成虫写真】20160804 群馬県吾妻郡草津町<標高2070m>

本日羽化しました!と言わんばかりの美麗個体。紫色が鮮やかである。

毎日定点観測をしているのでなければ、こういった個体に遭遇するのは完全に運である。

この美麗個体に逢えた運には素直に感謝したいと思う。


S_2
【成虫写真】20160804 群馬県吾妻郡草津町<標高2070m>

同日同所で飛来した個体であるが、幾分スレた感がある。紫色は褪せ、渋めの銀色になってしまう。

トサカ部分が他のキンウワバとは違い、何層にもなっているように見えるのが特徴的だ。

撮影した群馬県では上信山地にのみ生息し、準絶滅危惧種としてRDBに記載されている。

種小名はottolenguii(オットレングイ)。献名だな・・・調べるのめんどくさいのでやめる。


埼玉では記録されていないが、いてもよさそうな気がする。クロマメノキが高山帯にあるかどうか。 

【0175】ムラサキキンウワバ
Autographa buraetica

本州中部の亜高山帯に生息する種である。

【オオムラサキキンウワバ】に似ているが、一見してオオムラサキ~は前翅の比率が長細く大きい。

見た感じで普通のキンウワバより大きいため、実物を見るとわかりやすい。

紫が強く、美しい種であるため撮影されていることも多いようだ。

対して本種はなかなか見られない蛾なのか、ネット上には写真がほとんど見当たらない。

S130714
【成虫写真】20130714 群馬県吾妻郡中之条町<標高2140m>

せっかくなので数少ないこの写真を活用して、図鑑に出ている特徴を確認してみようと思う。

”♂♀35~38mm内外.
翅先部では外横線外側と外縁部が明るく,
少し波打つ二重の外横線と太く黒い湾曲した亜外縁線が目立つ.
全体は紫というより茶褐色を帯びる
銀紋は小さく,普通はU紋と丸紋はつながる(ときに離れるものもある).

--中略--

日本では本州中部地方亜高山帯に生息する.
年1化で7月下旬に出現する.”

小林秀紀,2011.ムラサキキンウワバ.岸田泰則(編),日本産蛾類標準図鑑 2:279.学研教育出版,東京.

なるほど、写真を見ながら照らし合わせるとなんとなくわかる気がする。


オオムラサキ~の本州での出現期は5~6、8月となっていてズレがあるのだが、

この地では標高が高いからなのか7月にも良く飛来する。つまり同時に飛来することが多いのだ。

私見ではオオムラサキ~に比べて外横線の湾曲が激しく、内横線が後縁に向かうにつれ

基部へ大きく湾曲する個体が多い気がする。もう少したくさんの個体を見てみたい。

種小名は buraetica (ブラエチカ)。 buraetが固有名詞のようだが・・・ 追い切れない。地方名のような気がする。

タイプ産地がモンゴルなのでモンゴルに関係した地名由来なのかもしれない。


埼玉では未だに記録されていない。


【0117】モモイロキンウワバ
Anadevidia hebetata

その名のとおり桃色のキンウワバである。

前翅の外縁付近が鈍く光る特徴から、よく市街地で見る【ウリキンウワバ】に似た感じを受ける。

が、ウリキンウワバを見慣れていればモモイロとの区別はそう難しくないように思う。


桃色を帯びた翅色に加え、外横線が直線的なのが本種の特徴である。


Smomoiro
【成虫ex写真】20131008 長野県軽井沢町大字長倉<標高1300m>

秋によく見られるが、同属ウリキンウワバがド普通種なことに比べるとかなり少なく感じる。

食草は未だにわかっていないようだ。


埼玉では平地から山地まで幅広く記録がある。

僕は大宮区で死骸を見ているので意外と市街地でも発生してるようだ。

【0070】イチジクキンウワバ
Chrysodeixis eriosoma

平地から山地まで生息する、普遍的なキンウワバの仲間である。いわゆる「ド普通種」。

別属の【ミツモンキンウワバ】とよく似ているが、外横線の走り方がイチジク~のほうがかなり緩やかだ。

つ○ といった白斑が繋がる個体もいて、一見すると別種に見えてしまう。


S_2
20121013埼玉県秩父市三峰<標高722m>

どうも普通種を撮るときは気合が入ってないのか適当な写真が多い。

今後はこういうことのないようにしていかなくては、と自省しきりである。


memo.....
ヤガ科 キンウワバ亜科に分類され、初夏に出現。
埼玉での記録も多数あります。

【0069】キクキンウワバ
Thysanoplusia intermixta

都市部などでもそれなりに見ることが出来るキンウワバだ。

北海道から沖縄まで、平地から山地まで幅広く生息している。


そんなド普通種と言って良い種だが、翅色が光沢を持ち黄金色に輝きとても美しい。

残念ながら写真に撮ってしまうと光沢が消えてしまいその良さが半減してしまう。

しかも「ド普通種」という印象が強いためか、逆に中々写真を撮っていない種だ。


Sp9181228
20110918群馬県吾妻郡草津町入道沢<標高1776m>

この写真もあまり良い写真とも言えない。

次回出会ったときはもう少し腰を据えて光沢が表現できるように撮ってみようと思う。

【キクギンウワバ】という似たような名前の種がいるが、全く違う翅色。似てるのは名前だけだ。


memo.....
ヤガ科 キンウワバ亜科に分類されています。
春先から秋遅くまで見られる普通種です。
その名の通りキク科の植物を食草としていますが、他にもたくさんの植物を食草としており、かなり広食性のようです。
もちろん埼玉でもたくさんの記録があります。

以下記録
S
20121013埼玉県秩父市三峰<標高722m>

【0068】ニシキキンウワバ
Acanthoplusia ichinosei

桃色の横線がとても印象的なキンウワバの仲間だ。

ニシキという名前がしっくりくる豪華絢爛な翅は一度見たら忘れられない。


しかし優雅なその姿名前に似合わず、幼虫はゴボウを食害してるらしい。(まぁキンウワバって害虫多いけど)

高貴な令嬢の好物が実はゴボウなんです、といった感じでイメージと違って面白い。


僕自身は山奥でしか見たことがないが、食草も食草なので市街地にも記録はあるようだ。


S
20121013埼玉県秩父市三峰<標高722m>

この日はキンウワバが多かったが、ニシキは1頭のみ。

何回かライトトラップに飛んできたことはあるが、たくさん飛んでくる、という印象はない。

※20130904 学名を修正
以前は学名がCtenoplusia ichinosei だったのだが
現在は Acanthoplusia ichinosei に変更となっている。


memo.....
ヤガ科 キンウワバ亜科に分類され、年2化。
僕は10月の秋の蛾を狙ってる時によく見る印象です。
埼玉では都市部から山地まで広く記録があります。

ヤガ科 キンウワバ亜科
→目次に戻る

Argyrogrammini イチジクキンウワバ族

Thysanoplusia
キクキンウワバ



Acanthoplusia
ニシキキンウワバ



Chrysodeixis
イチジクキンウワバ



Anadevidia
モモイロキンウワバ




→目次に戻る


その他のカテゴリー

無料ブログはココログ