冬尺蛾

【0200】カバシタムクゲエダシャク
Sebastosema bubonaria

 
 「カバシタムクゲエダシャク」

蛾屋でなくとも名前くらいは聞いたことがあるかもしれない。

♀は1992年、♂に至っては1970年以来ずっと見つかっていなかったまさに「幻の蛾」である。

2008年からフユシャクを始めた僕であるが、半分UMA扱いのこの蛾を真面目に探しに行ったのは一度きりだ。

痕跡すら見つけることのできなかった僕らは、それ以来カバシタカバシタと言うものの殆ど何もしていなかった。


諦めていたのだ。


しかし、あの2016年3月17日にすべては一変した。


昼前、親交の深いY氏から一報が入った。

「やった!!」の文字と共に送られてきた画像に写っていたのは紛れもない、毒瓶に入っているカバシタムクゲの♂であった。

僕らは色めき立った。蛾LOVE氏に連絡を取り、次の日に向かうことにした。

翌日は金曜日であったが、もちろん仕事などしている場合ではない。


2016年3月18日、僕らは彼の地へ向かった。ミノムシ研究者のN氏、むし社のK氏も一緒だ。

彼の地には昨日Y氏と一緒に採集をしていたフユシャクの第一人者、中島秀雄氏がいた。

5人で彼の地を歩く。


8時45分。橙色の飛翔体が目の前を飛ぶ。

「いた!あれだ!!」口々に叫ぶ。走る。振り逃がす。

その後も橙色の飛翔体は僕らを嘲笑うかのように飛び回る。


速い。とても追いつけない。

ネットなどほとんど振らない僕らに採れるシロモノではない。

10数個体を見るも5人のネットに収まった個体はいなかった。


11時を過ぎると飛翔体もなくなった。一行にあきらめムードが漂い始めたその時である。


「おーい!!!!」


50m先くらいの林縁部から中島氏の声がする。というかこんなに大きい中島氏の声を僕は今まで聞いたことがなかった。

「採ったか!?」

一行は慌てて中島氏のもとへ駆け寄る。


満面の笑みを湛えた中島氏が指さした先に・・・  いた。

P3181966
【成虫♀写真】20160318

いた。本当にいた。幻ではなかった。

人は興奮しすぎると立てなくなる。僕はこの時知った。脚が震えるのだ。

皆で記念写真を撮り、談笑する。素晴らしいひとときだ。

大きな、とても大きな収穫を得た僕らは林内を歩く。

蛾LOVE氏がいきなり僕を指さす。「ああああああ!!!いたああ!!!」

振り返るとそこに・・・ いた。

P3181981_2
【成虫♀写真】20160318

まさかの二個体目。しかしこれは悔しかった。僕のすぐ後ろにいたのだから…


卵を皆で持ち帰り育てることに。

飼育の顛末はこののち発行された日本の冬尺蛾

中島 秀雄 · 矢野 高広,2016.日本におけるカバシタムクゲエダシャクの再発見について.蛾類通信 (278):65-67
中島秀雄・阪本優介・松井悠樹・中 秀司, 2017,カバシタムクゲエダシャクの幼生期, TINEA 23(6)

もしくは蛾類学会コラム7 「なに食ってるか分からない蛾」を飼育して実験材料にする(1) 幻の蛾、カバシタムクゲエダシャクをご一読願いたい。


一年後、各人の家庭で続々と羽化するカバシタムクゲエダシャク。

我が家でもいくつかの個体が羽化した。実は今まで♂と♀が同一種である、という確証はなく推定であった。

この時初めてカバシタムクゲエダシャクの雌雄とされていた蛾は同一種だと確定したのだ。

P3060335
【成虫♂写真】飼育羽化

2017年3月、再び僕らは彼の地にいた。

今度は処女♀を持ち、コーリングに寄ってきた♂を採る作戦だ。

あれだけ苦労したのが何だったのかのように♂はたくさんやってくる。

Kabashitapea
【成虫交尾写真】20170321

野生の♂も採集することができた。


そしてまた一年後、僕は自分の手でようやく♀を採集することができた。
P3152916
【成虫♀写真】20180315

幻の蛾は眠りから覚めた。知見も増えた。これからは新産地も発見されるに違いない。

しかし幻の蛾がまだ幻の時に出会えたあの興奮、足に力が入らなくなったあの興奮は一生忘れないであろう。

僕の蛾人生に刻まれた出来事であることは間違いない。

種小名はbubonaria(ブボナリア)。まったくもってわからない。それでいい。

学名の意味くらいは謎のままでいい。


埼玉では一例、さいたま市田島にて♀の記録がある。次は埼玉での再発見を成し遂げなくてはいけない。

まだまだ僕とカバシタの付き合いは続きそうだ。

【0194】サクフウフユシャク
Alsophila yanagitai

日本に35種が分布するフユシャクガ。

その中でも九州にのみ産地が知られるのはこのサクフウフユシャクと【クジュウフユシャク】だ。

サクフウは漢字で朔風と書き、北風を意味する。1995年に新種記載された新しい種だ。
中島秀雄, 1995. 九州産Alsophilaの1新種 Tinea 14(3):196-199

どちらも関東在住の僕にとって、この二種は遠かった。 

仕事の忙しい師走時期にまとまった休みを取り九州まで赴かねばならない。

さらに外れた時に他の蛾を狙う楽しみがほとんどない。この二種だけを狙うのみなのだ。

しかもルックス的に他種とあまり変わり映えはしない。たとえ採れたとしても【シロオビフユシャク】に似てるヤツ、なのだ。

複数要素が重なり、この九州フユシャク二種は行く気すらなかったのが正直なところであった。


しかしである。

フユシャク全種制覇を果たすには採らなければならない。その思いが今年は強くなった。

折しもむし社から日本の冬尺蛾が発売され、刺激を十二分に受けてしまった僕は決断した。



サクフウを採ろう。



休みは取れた。いや取った。 あとは九州へ行くだけだ。

最低でも♂は仕留めたい。可能性を高める為にライトトラップセットを持参しなくていけない。車で行くことにした。

20時間かけて熊本へ。そこで福岡のSさんに合流してポイントを案内していただいた。



日没後、僕らが彷徨う林内にフユシャク亜科らしき飛翔体が舞う。

ネットを振る。確認する。

シロオビと違う!翅がでかい!これがサクフウか!!!

S_2
【成虫♂写真】20171209熊本県<標高750m>

思ったより簡単に採れてしまった。いくつも舞う飛翔体はすべてネットインすればサクフウだった。

しかし九州まで来た意味はこれでできたというもの。あとはメス、あわよくばペアを…

そんなうまくいくわけはない、と思いつつも林内の木を舐めまわすように探す。

Sさんが僕を呼ぶ。「メスだ!メスがいるよ!!」

僕「え??」

S_3
【成虫♂写真】20171209熊本県<標高750m>

うわあああ!! メスだ!! ちなみにサクフウのメスは僕の知る限りほとんど採れていないハズ。

とんでもないものを見つけてしまった気分だ。 少しシロオビなどとは違ったねずみ色がかった感じがする。


その直後である。


Sさん「ここにオスがいるんだけど、ちょっと撮影しづらいなあ… 変な体勢で変な位置にいる」

僕「どれどれ・・・  これペアじゃないですか???」

Sさん「やっぱりそうか??」

S_4
【成虫♂写真】20171209熊本県<標高750m>

まさかのペア発見である。

ペアはSさんがつい数日前に見つけたが極レアものである。

単発突貫で九州へ来てしまった僕が見つけていいようなシロモノではないのだ。


大満足の九州行となった。Sさんには改めてお礼を申し上げたい。本当にありがとうございました。


種小名は yanagitai (ヤナギタイ)。僕も少なからずお世話になっている発見者の柳田慶浩氏に因む。

九州各地に記録があるが、他地域での記録はない。現状九州特産種である。

【0147】ナカジマフユエダシャク
Larerannis nakajimai

同じラレランニス属の【ウスオビフユエダシャク】と似たような晩秋に出現するフユシャクである。

時期にして11月下旬から12月上旬、ウスオビが終わりかけくらいの時期だ。

僕の感覚ではナカジマは相当局地的である。ウスオビは山に行けばいるだろーという感覚だが

ナカジマは適当に流してても会えた試しがない。どちらかというと南方の種なのだろうか。

Spb27581911
【成虫♂写真】20101127 山梨県富士河口湖町<標高1000m>

ウスオビに比べると完全に薄帯ではない。主張の激しい模様である。

ウスオビのラインを墨でなぞったようなラインはひと目で違うとわかる。

S
【成虫♀写真】20141123 山梨県富士河口湖町<標高1000m> 自宅にて撮影

この日は探索を予定していた。しかし事もあろうに骨折で家から出られなくなってしまった。

怪我で動けない僕に、探索に出かけた一寸野虫さんATSさんさらに翌日出かけた真神ゆさんが産卵前の生体を贈ってくれた。

初♀遭遇が自宅になってしまったが、やはり嬉しいものである。この場を借りてお礼申し上げます。


このナカジマフユエダシャク、記載された当初はシロフユエダシャクという和名であった。

しかし【シロフフユエダシャク】という種がおり、とても紛らわしいということで改名された。
中島秀雄,1989.ナカジマフユエダシャク(改称)の雌の発見.蛾類通信153:33.

種小名のnakajimai (ナカジマイ)は言うまでもなくフユシャク研究の第一人者、中島秀雄氏のことである。


ウスオビと混生している地域も一部あるようだが、ウスオビの確認されている埼玉では未だに記録されていない。

【0122】トギレフユエダシャク
Protalcis concinnata

クヌギ・コナラといったいわゆる雑木林で多く見られるフユエダシャクである。

つい最近までトギレエダシャクという和名で呼ばれていた種だ。

2009年にトギレフユエダシャクに改称されたばかりである。(誘蛾灯:196)

S_3
【成虫♂写真】20140309 埼玉県狭山市<標高70m>

♂はいわゆる地味エダシャク。中横線と外横線が急接近するのが特徴的だ。

個体変異が多いが、この特徴を覚えておけば同定に困ることはないと思う。

感覚的な話だが高標高地に行くほど色が薄くなる傾向がある気がする。

参考までに標高1300mで撮影した♂を添付しておく。

S_5
【成虫♂写真】20120519 長野県軽井沢町大字長倉<標高1300m>

関東平地では3月に見られる種だが、軽井沢では5月中旬でもその姿を見ることができた。

春キリガ等に比べるといくらなんでも遅すぎるような気もする。

1000m付近では3月下旬に確認している。何か羽化するにあたっての条件が揃わないのであろうか。


S_4
【成虫交尾写真】20140311 埼玉県狭山市<標高70m>

このペアは22時頃の撮影。♀を単独で撮影するのをすっかり忘れていた。

♀の翅はフユシャクと呼ばれるグループの中で一番大きく、まさに「途切れ」たその翅は見応えがある。

大きな翅は頑張れば飛べそうな気もするが、フユシャクの仲間ということはやはり飛べない。

翅をパタパタはためかせて必死に歩いて行く姿は可愛らしく、一度見てもらいたい光景だ。


埼玉では平地から山地まで幅広く生息している。

【0121】フチグロトゲエダシャク
Nyssiodes lefuarius

春の短い期間にだけ現れる昼行性のフユシャクである。

河川敷によく生息地が知られているが、元々は草原性の蛾らしい。

人間の開発により生息場所が河川敷に狭められていった、と見るべきかもしれない。


♂の飛翔は素早く、枯れ草が保護色となり見失うケースが多い。

大人しく撮影対象になってくれることが多い蛾類にしては写真が撮りづらい種だ。


S
【成虫♂写真】20140303 埼玉県さいたま市<標高10m>

♂はフサフサの触角が目立つ、『櫛髭四天王』の一員だ。

太陽が出ていて風が弱い時によく飛ぶようだ。時間的には正午前後によく見る印象がある。

対する♀は全くの無翅でアザラシのタマちゃんのような風貌だ。

S200902210027
【成虫♀写真】20090221 埼玉県さいたま市<標高10m>
産卵中失礼して撮影した。

Sp3011489111
【成虫交尾写真】20100301 埼玉県さいたま市<標高10m>

2回観察した交尾の時間はいずれも12時半頃。しかし交尾後も♀はまたコーリングして再交尾するという。

あまり聞かない習性である。


S_2
【幼虫写真】20130504 飼育<自宅撮影>


幼虫はノイバラやクローバーなど、多岐にわたる草本を食草とする。

僕はサクラを食べさせていたがよく食いついてくれた。(糞が良い香りになったりする)




フユシャクの中でもフチグロトゲエダシャクは非常に人気が高く、蛾屋以外にも人気である。

観察に生息地へ行くと網を持った人と遭遇する確率が高い。

フサフサ触角の♂と愛くるしいアザラシのような♀は"フッチー"の愛称で今年も虫屋に春を告げてくれる。



種小名lefuarius (レフアリウス)。 ルーマニア語でlefua=「洗練された」 riusは接尾辞か。これだと信じたい。



埼玉では2月後半から3月前半に出現。

産地は非常に少なく、埼玉県RDB2008で絶滅危惧I類に指定されている。


【0120】フタスジフユシャク
Inurois asahinai

11月から山間部で見られるフユシャクである。

イヌロイス属の中では早くに出現し、発生期は他のイヌロイスに比べると短い印象だ。

【シュゼンジフユシャク】によく似ており、外見での差異はあまり見られない。

強いて言うなら外横線が最後までキッチリ直線的なことだろうか。

僕の印象では全体的にシュゼンジよりも黒っぽい感じを受ける。

Sfutasuji
【成虫♂写真】20131110 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原<標高1220m>

シュゼンジを除く他のイヌロイスとはパッと見の印象で違うことがわかるはずだ。

直線的な外横線は他種と一線を画している。

♀は未見である。


埼玉では小川町で1月の記録がある。しかし発生時期と標高から考えてもフタスジだとは考えにくい。

実際に僕も現地で探してみたがウスバしか確認できなかった。一度標本を確認する必要があるだろう。


その他は記録がないようだが、奥秩父で数回死骸を見ている。

おそらく安定して発生していると思われる。

【0119】ミヤマフユナミシャク
Operophtera nana

関東・中部地方の山地に生息するフユシャクの仲間である。

場所によっては10月から発生しているようだが、11月初旬~中旬に見る印象が強い。

フユシャクのトップバッター的存在だ。

カラマツに依存しているので、カラマツ林がないと生息していない。

S
【成虫♂写真】20131108 群馬県吾妻郡嬬恋村<標高1170m>

ここ数年、♀を探してカラマツ林に通っているが未だに見つからない。

いつかは見てみたいものだ。

>>>>>>>>>180321追記

数年に及ぶ探索の末、ようやくペアを見つけることができた。

Photo_5

Photo_3
20161106群馬県長野原町北軽井沢<標高1366m>


メス単体で撮影。ナミスジよりも小さく、色が濃い。

Photo_4
20161106群馬県長野原町北軽井沢<標高1366m>
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


種小名はnana (ナナ)。こういうのは大概神話がらみな気がする。

ギリシャ神話に出てくる女神NANAのことか・・・?

カラマツの少ない埼玉では未記録の種であったが、2017年に報文が発表された。
釣巻岳人,2017.和名倉山の昆虫(8) フユシャクガ類.寄せ蛾記(166):30-39

【0074】スジモンフユシャク
Alsophiloides acroama

モミに依存したフユシャクである。

よってモミがないと生息しておらず、おのずと生息場所には限りがある。

よく考えると普段の生活圏内にはモミなんてなかなか生えていないものだ。

あっても神社や公園に一本二本。流石にそれでは生息は難しい。


というわけでこのフユシャクに会う為にはモミが多少まとまって生育しているところに行かなくてはいけない。

モミは元来、山の稜線付近に生えている樹木なのでおのずとそういったところへ赴く。


車がなかなか入っていけない場所だ。徒歩で行かなくてはいけない。

このクソ寒い2月に夜の山の中へ入っていくのである。

何の罰ゲームなんだと言いたくなるが仕方がない。

しかしそんな罰ゲーム?を乗り越えた者にだけ、その姿を魅せてくれるのだ。

S
【成虫♂写真】 20130226 神奈川県愛甲郡清川村 <標高562m>

アルソフィラに近いが前翅の形がかなり丸みを帯びている。

とても渋くて味わい深い蛾だ。

Ssujimon
【成虫♀写真】 20130226 神奈川県愛甲郡清川村 <標高562m>
同所で見つけた♀。全くの無翅だ。

アルソフィラやイヌロイスに見られる尾端の毛はこの種にはない。


S_2
【成虫交尾写真】 20130226 神奈川県愛甲郡清川村 <標高562m>

交尾画像。初めて見た日に♂♀交尾の画像を撮ることができた。

これはとんでもなくラッキーなことだと思う。

次は埼玉でこの姿を拝んでみたい。記録は浦和市で一件だけあるが… もういないだろうな。

種小名はacroama (アクロアーマ)。 acro-は「尖った」 amaは「愛」。 尖った愛…  哲学的な命名である。

【0065】オオチャバネフユエダシャク
Erannis gigantea

関東周辺では山地に生息する種である。

マツ科を食餌とするが、なかでもカラマツ林でよく見かけるように思う。

【チャバネフユエダシャク】に似ているが、外横線の走り方がオオでは強く√になっているのが特徴だ。

チャバネでも大きく湾曲していて紛らわしい個体が存在するが、見慣れると違うのがわかってくると思う。

オオチャバネ~という名だが、比べても特段大きいわけではない。

最大値はオオチャバネのほうが大きいようだが、普段目にする時にはあまり変わらないように思う。

Spb102052
【成虫♂写真】 20121110 長野県北佐久郡軽井沢町 <標高1368m>

チャバネと同じように白ベースタイプと暗色タイプがある。

暗色タイプはあまり多くないように思うが産地によるらしく、浅間山周辺と富士山周辺ではよく見られるタイプのようだ。


S
【成虫♂写真】 20121110 長野県北佐久郡軽井沢町 <標高1368m>

メスはチャバネフユエダシャクに酷似していて外見で見分けるのは困難だ。

交尾している確実な個体を見たことがないので未見、としておく。
>>>>>>>>>130411追記
Photo_2
【成虫交尾写真】 20161106 群馬県吾妻郡長野原町<標高1366m>
<<<<<<<<<<<<<<<<<<< 

2016にようやくペアを発見することができた。やはりカラマツが多い場所で見つかった。


Sootya
【成虫♂写真】 20121110 長野県北佐久郡軽井沢町<標高1368m>

近似種チャバネフユエダシャクとの比較画像。右がオオチャバネフユエダシャク(当記事一枚目の個体)だ。


以前はErannis defoliaria giganteaという学名で、E. defoliariaの亜種として扱われていたが、
近年独立種となったようだ。

種小名はgigantea(ギガンテア)。 スペイン語で「巨人」。 エランニス属の中で一番大きいということか。


埼玉の記録は長らく新座市の一件のみ、となっており平地に産しない本種かどうかの疑念があったが、

昨年所沢市にて1♂が撮影された。外見の特徴からオオチャバネと思われた。

尚、2017年に和名倉山におけるフユシャクガの報文が発表されており、その中に本種も名を連ねている。
釣巻岳人,2017.和名倉山の昆虫(8) フユシャクガ類.寄せ蛾記(166):30-39

【0063】サザナミフユナミシャク
Operophtera japonaria

平地に生息するフユシャクだが生息域が幾分限られており、時期に歩けばいるというような種ではない。

何しろ神奈川では絶滅危惧Ⅱ類に指定されている種だ。


食樹のクヌギ、コナラから考えるとどこにでもいそうな気がするのだが、何かしらの条件が整っていないとダメなのかもしれない。

マイフィールド秋ヶ瀬公園にもクヌギコナラは大量にあるのだが見たことがない。

あれだけの規模を誇る公園にもいないとなるとサザナミフユナミシャクの生息には一体何が必要なのか。

食草が普遍的な種なのに生息域が局所的という種は難しい。

Ssazanami
【成虫♂写真】 20091212 埼玉県狭山市 <標高60m>

羽化シーズンには日没後に木の下から上へ沿うようにして飛んでいるのを見かける。

♀を探しているのだと思う。


S_3
【成虫♀写真】 20121221 埼玉県狭山市 <標高60m>

その♀はというと一見貧相な【クロオビフユナミシャク】である。

最初に単体で見つけたときはこれがサザナミのメスとは思わなかった。

Skoubi
【成虫交尾写真】 20121221 埼玉県狭山市 <標高60m>

樹上3~4mの高さで交尾個体を発見。

これにより先ほど見つけた貧相なクロオビが実はサザナミだったのだと判明した。

なんとか下ろして撮影したが、羽を傷つけてしまった。

あの高さで交尾されると流石に中々見つけられない。

Photo
【成虫交尾写真】 20161217 埼玉県狭山市 <標高60m>

こちらも樹上3mほどの高さにて発見。今回は次男が木に登って綺麗なまま捕獲してきてくれた。感謝である(笑)


成虫は12月に出現し半月ほどで姿を消す。

種小名は japonaria(ヤポナリア)。日本の という意味だ。

埼玉では加治~狭山丘陵近辺の記録しかなく、局所的な生息をしていると思われる。

その他のカテゴリー

COLUMN EXTRA イボタガ科 カイコガ科 カギバガ科 カギバガ亜科 カギバガ科 トガリバガ亜科 カレハガ科 ウスズミカレハガ亜科 カレハガ科 カレハガ亜科 カレハガ科 ホシカレハ亜科 カレハガ科 マツカレハ亜科 シャクガ科 エダシャク亜科 シャクガ科 カバシャク亜科 シャクガ科 ナミシャク亜科 シャクガ科 フユシャク亜科 シャチホコガ科 ウチキシャチホコ亜科 シャチホコガ科 トビモンシャチホコ亜科 スズメガ科 ウチスズメ亜科 スズメガ科 スズメガ亜科 スズメガ科 ホウジャク亜科 ドクガ科 ヤガ科 ウスベリケンモン亜科 ヤガ科 エグリバ亜科 ヤガ科 キリガ亜科 ヤガ科 キンウワバ亜科 ヤガ科 ケンモンヤガ亜科 ヤガ科 シタバガ亜科 ヤガ科 セダカモクメ亜科 ヤガ科 ヒメヨトウ亜科 ヤガ科 フサヤガ亜科 ヤガ科 モクメキリガ亜科 ヤガ科 モンヤガ亜科 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ヤママユガ科 エゾヨツメ亜科 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 亜高山蛾(関東近辺) 冬尺蛾 南方偶産種(関東近辺) 地味エダシャク 埼玉県RDB指定種 夏キリガ 成虫有毒種 春の七枝尺 春の三大蛾 春キリガ 春枝尺四天王 櫛髭四天王 環境省RDB指定種 秋の七枝尺 秋キリガ 越冬キリガ 高山蛾 (マツカレハ亜科)

カテゴリー

無料ブログはココログ