ヤガ科 ウスベリケンモン亜科

【0131】コウスベリケンモン
Anacronicta caliginea

深い蒼が印象的なケンモンガの仲間である。

【ウスベリケンモン】に似ているがウスベリは色が薄い。

最大値最小値で同じくらいになるがウスベリの方が大きい個体が多い印象だ。


S
【成虫写真】20140504埼玉県飯能市坂石町分<標高180m>

新鮮な個体の深蒼はいつ見ても美しい。思わず写真を撮ってしまう種のひとつである。

ススキを食草とするようなので普遍的に生息しているらしく、

埼玉でも浦和や戸田の都市部から小鹿野町や旧大滝村の県奥部まで幅広い記録がある。

幼虫も多く見かけるので個体数が多いのかといえばそうでもなく、大量に飛来するというのは経験がない。


種小名はcaliginea (カリギネア)。ラテン語で caligin=厚い。 まあなんとなくわかる気がする。

5~6月と7~8月の年二化らしいが、感覚的には5~8月という蛾のハイシーズンを通して見かける蛾だ。

ヤガ科 ウスベリケンモン亜科
→目次に戻る

Anacronicta
コウスベリケンモン




→目次に戻る



その他のカテゴリー

無料ブログはココログ