(マツカレハ亜科)

【0081】ギンモンカレハ本土亜種
Somadasys brevivenis brevivenis

小さめのカレハガの仲間である。

大きな銀紋が特徴的だが、翅色、紋の大きさには個体変異がある。

特に翅色は黒褐色のものから黄土色のものまで様々だ。

Sp5043617
【成虫♂写真】 20130503 埼玉県秩父市 <標高690m>

-----2013/06/04加筆------
色の濃い個体を撮影したので個体変異の例として添付しておく。
Sp6034326
【成虫♂写真】 20130503 埼玉県秩父市 <標高1700m>
-------------------------

図鑑には6~9月に出現、と書いてあるが僕はGWに見ることが多い。

特にこの地域だけでなく関東近辺でよく目にしているのだ。

ひょっとすると最近の傾向なのかもしれない。


♀は大型で翅が丸みを帯びるらしいが、未見である。

埼玉ではGW頃から秩父方面で見られる。古い記録では浦和でも採集されている。

種小名はbrevivenis (ブレビベニス)。直訳すると「すぐに来る」。

確かに灯りをつけたらすぐ来るかもしれない。





当ブログは基本的にList-MJ 日本産蛾類総目録 [version 2]に準拠しているが、カレハガ科の分類に関しては日本産蛾類標準図鑑との相違がある。

ギンモンカレハは
List-MJ2:カレハガ科カレハガ亜科
標準図鑑:カレハガ科マツカレハ亜科

となっている。

その他のカテゴリー

COLUMN EXTRA イボタガ科 カイコガ科 カギバガ科 カギバガ亜科 カギバガ科 トガリバガ亜科 カレハガ科 ウスズミカレハガ亜科 カレハガ科 カレハガ亜科 カレハガ科 ホシカレハ亜科 カレハガ科 マツカレハ亜科 シャクガ科 エダシャク亜科 シャクガ科 カバシャク亜科 シャクガ科 ナミシャク亜科 シャクガ科 フユシャク亜科 シャチホコガ科 ウチキシャチホコ亜科 シャチホコガ科 トビモンシャチホコ亜科 スズメガ科 ウチスズメ亜科 スズメガ科 スズメガ亜科 スズメガ科 ホウジャク亜科 ドクガ科 ヤガ科 ウスベリケンモン亜科 ヤガ科 エグリバ亜科 ヤガ科 キリガ亜科 ヤガ科 キンウワバ亜科 ヤガ科 ケンモンヤガ亜科 ヤガ科 シタバガ亜科 ヤガ科 セダカモクメ亜科 ヤガ科 ヒメヨトウ亜科 ヤガ科 フサヤガ亜科 ヤガ科 モクメキリガ亜科 ヤガ科 モンヤガ亜科 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ヤママユガ科 エゾヨツメ亜科 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 亜高山蛾(関東近辺) 冬尺蛾 南方偶産種(関東近辺) 地味エダシャク 埼玉県RDB指定種 夏キリガ 成虫有毒種 春の七枝尺 春の三大蛾 春キリガ 春枝尺四天王 櫛髭四天王 環境省RDB指定種 秋の七枝尺 秋キリガ 越冬キリガ 高山蛾 (マツカレハ亜科)

カテゴリー

無料ブログはココログ