南方遇産種(関東近辺)

【0155】オオトウウスグロクチバ
Avitta fasciosa fasciosa

1976年、奇しくも筆者が生まれた年に日本で初記録された蛾である。
杉繁郎,2001. 日本未記録のヤガ3種 蛾類通信 89:471-473

西日本では特に珍しくないようだ。和名の『オオトウ』は和歌山県の大塔山にちなむという。

しかし東日本では記録が散発的で偶産蛾の域を出ていない。

ただ例外的に奥多摩地域では確認例が多く、定着している可能性がある。

埼玉での記録は1例しかなく、細かい報文は確認していないがこの個体が2例目か。

>>>>>>>>>141215追記
2例目の記録が両神山で記録されていた。この個体は埼玉県3例目となる。
神部正博・築比地秀夫・長畑直和,2000. 10月の両神山で得た偶産性ヤガ科蛾類とその背景 寄せ蛾記94:2813-2829
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

どちらにしろ定着している可能性は低いだろう。

はっきりと縁どられた腎状紋が目立つ蛾だ。

S_2
【成虫写真】20141004埼玉県秩父市三峰<標高700m>
林道でのライトトラップに1頭だけ飛来した。

種小名は fasciosa (ファスキオサ)。 ラテン語で fascios=帯状面 という意味らしい。

帯状紋が多いのでそこから命名されたのだろう。

食草はアオツヅラフジが記録されている。

成虫出現期は5~11月となっているが、関東近辺では10月の記録が多いようだ。

この種に限らず、南方種と言われるような偶産蛾は9~11月に記録されることが多い。


その他のカテゴリー

無料ブログはココログ