ヤガ科 ケンモンヤガ亜科

【0191】ニッコウアオケンモン
Nacna malachitis

6~9月の夏季に出現する小さく美しいケンモンヤガの仲間である。以前はニッコウアオモンという和名であった。

20mmほどの小さな前翅に施された美しい緑色のグラデーションは見る者を虜にする。

その模様が自然界においては優れたカモフラージュとなり、捕食者の目を逸らす効果があると思われる。


似た種に【スギタニアオケンモン】がいるが、そちらは茶色の部分が横にしか走らない。

翅を閉じた時に重なる部分=後縁においても緑色なのが特徴である。

しかしこの美しい緑色は、標本にして時が経つと色褪せてしまうことが多い。

S
20160604 山梨県南都留郡富士河口湖町<標高970m> 

幼虫はシソ科のニガクサとクロバナヒキオコシという聞きなれない植物での記録がある。


種小名は malachitis (マラチティス)。 これはマラカイト(孔雀石)のことではないだろうか?

美しい翡翠色が共通しているので間違いないと思う。


埼玉県での記録は多いが、やはり県西部での記録が多い。

しかし一件だけ浦和市の記録もあり、自然度の高さに左右されることのない蛾であるようだ。

【0188】キクビゴマケンモン
Moma kolthoffi

【ゴマケンモン】によく似た種である。相違点としてはキクビの名の通り胸部が黄色がかる。

外縁部の茶色も目立ち、識別点さえ把握していれば一見して違いがわかる。

平地でも見られるゴマケンモンと違い、キクビは自然度の高いところに生息しており見る機会が少ない。

カバノキ科のクマシデ、サワシバが食樹として記録されていることからもわかるが、沢沿いで得られることが多い。


その前翅はコケ擬態であろう、緑色を基調とした美しい蛾である。
Skikubigoma
【成虫写真】20150530 高萩市花貫<標高370m>

種小名は kolthoffi (コルトッフィ)。献名っぽい。コルトフ氏が何者かはわからない。

埼玉での記録は少なくないが、西部山地の奥秩父に偏っている。

【0165】シロフクロケンモン
Narcotica niveosparsa

小さなケンモンヤガの仲間である。個人的に出会うことの少ない種だ。

埼玉では大滝村と小鹿野町の2件のみの記録となっている。小型ケンモンヤガ不遇の地なのだろうか。

この地では他にも多くのケンモンヤガ亜科が飛来した。何か特有の好条件があったのかもしれない。


S_2
【成虫写真】20140622常陸太田市下高倉町<標高440m>

食草が未だにわかっていないようだ。

このあたりは色々な植物が生育してる。埼玉では珍しい植物も色々あった。

埼玉での記録が少ないのもその辺りが原因か。


種小名はniveosparsa (ニベオスパルサ)。イタリア語でniveo sparsa という区切りで「まばらな雪に覆われた」

良い命名だと思う。黒地に白点を塗したような前翅は雪の降り始めを連想する。


まあ5~9月の蛾なのだが・・・


続きを読む "【0165】シロフクロケンモン
Narcotica niveosparsa
" »

【0164】シロフヒメケンモン
Gerbathodes paupera

個人的には殆ど見ない蛾である。

食草がミズナラということだが、僕がいつも通うポイントでは見た試しがない。

スルーしていたのかもしれないが、小さくとも味わい深いこの蛾を見たら写真くらいは撮ってもよさそうなのだが・・・

どうも生息が局所的らしく、どこでもいるような蛾ではなさそうだ。

この個体は初めて茨城で採集をしたときに飛来した。他にもケンモンヤガの飛来が多かった。

小さいケンモンヤガにはあまり縁がなかった僕には新鮮だった。

S
【成虫写真】20140622常陸太田市下高倉町<標高440m>

種小名はpaupera (パウペラ)。ラテン語では「貧しい」 ん~ ちょっとイメージが湧かない。

やはり埼玉でも記録は少なかった。小鹿野町の一件だけである。

ヤガ科 ケンモンヤガ亜科
→目次に戻る

Gerbathodes
シロフヒメケンモン



Narcotica
シロフクロケンモン




→目次に戻る



その他のカテゴリー

無料ブログはココログ