秋の七枝尺

【0160】チャエダシャク
Megabiston plumosaria

晩秋から初冬にかけて発生するエダシャクの仲間だ。『秋の七枝尺』の一員である。

発生時期から「これはなんというフユシャクですか?」という質問がくることが多い蛾でもある。

♂の触角は非常に発達しており、僕の中で『櫛髭四天王』として君臨している。


市街地にも生息しており、触角が目立つしゅなので目撃情報や撮影されていることが多い。

チャエダシャクのチャは食草のひとつ「茶の木」である。

しかし他にも様々な広葉樹を食草としているので順応性は高いようだ。

S_4
【成虫写真】20141127 埼玉県川口市大字芝<標高 5m>

この撮影地は我が家から車で5分くらいである。狭い雑木林ではあるが、生息を確認できた。


対して♀は触角が糸状で特徴に乏しい。

ろくな写真がなかった。
Spc212405
【成虫写真】20121221埼玉県さいたま市桜区<標高 5m>

確かこれは木に登って撮った写真だ。もうすこし良い写真を撮って差し替えよう。

四国九州にはよく似た【アシズリエダシャク】が生息している。


種小名はplumosaria (プルモサリア)。 ラテン語でplumosa=生き方という意があるが、意味が分からない。

少し検索するとスペイン語でplumosa=羽のような という意がある。

こちらは触角が羽のようなということでしっくりくる。記載者のLeechがイギリス人なのが気になるが…


埼玉の記録を見てびっくりした。当然多数の記録があるかと思いきや4件しかない。

朝霞市、入間市、浦和市、新座市。 県東南部に偏っている。 秩父でも見た記憶はあるが・・・

【0024】ナカジロネグロエダシャク
Ramobia mediodivisa

中秋にその姿を見ることが多いエダシャク。

僕が独断と偏見で選んだ『秋の七枝尺』に指定されている。


灯下によく集まり、この時期にはとりわけ目だって観察される。


よく似た【ネグロエダシャク】とは内縁付近での内横線の走り方が違ってくる。

同時に採集されることもあるが、出現時期はネグロの方が先だ。

Snaka111029
【成虫♀写真】20111029埼玉県小鹿野町八丁<標高1260m>

オスは櫛状の立派な触角をしているのだが、改めて撮影した画像を確認してみるとメスしか撮影していない。

見てないわけはないのだが・・・次回の課題がひとつできた。

>>>>>>>>>20131015加筆
オスの撮影に成功したので追加。
Snakajiro
【成虫♂写真】20131007 長野県北佐久郡軽井沢町長倉<標高1400m>

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


さてこの根元が茶色の模様、何か意味があるのか。


偶然ではあるがその意味がわかった。

S_2
【成虫写真】20111014群馬県片品村丸沼<標高1330m>


まさかこんなピンポイントな擬態に使っているとは思わなかった。

白い幹から出た茶色の枝に見事なまでにマッチしているのである。

自分の止まるべき場所をちゃんと把握しているのだ。見つけたときは感動すら覚えてしまった。


なんでもないような模様でも、ちゃんと意味があるということを改めて思い知らされた瞬間であった。

食樹はホオノキでの飼育記録があるようだ。


種小名はmediodivisa (メディオディウィサ)。 ラテン語でmedio=「中央部」 divisa=「スライス」。

まあなんとなく言いたいことはわかるような。

埼玉では飯能と横瀬といった低山地での記録しかないが、僕は1200mほどの小鹿野町でも採集している。


【0020】カバエダシャク
Colotois pennaria ussuriensis

晩秋を代表するシャクガである。僕が勝手に制定した『秋の七枝尺』の一種だ。

この種を見るようになると、蛾のシーズンがフユシャクに移行していく。

「あぁ・・・もうカバエダシャクが出る時期か。」

シーズンの終わりを如実に感じさせてくれる種だ。


♂は触角が大きく目立つ。しかし『櫛髭四天王』には入らないな・・・

Spa292406
【成虫♂写真】20111029埼玉県小鹿野町八丁<標高1260m>

カバエダシャクのカバは樺色のカバ。

♀はなかなかに美しい。人間から見ても女性らしいフォルムである。

このへんは生物特有の♀の性質なのだろうか?

Spa302479
【成虫♀写真】20111029埼玉県秩父市豆焼橋付近<標高1065m>


かなりの広食性で10月から11月にかけて見られるが、なぜか平地には見られない。

山地性のフユシャクを探しに行くとたくさんいて嫌になるくらいなのだが・・・


種小名pennaria (ペンナリア)。 ラテン語で penna=「羽」 の意味。触角が羽のようだということかと思う。

埼玉では記録が少ない。個体数は多いが、生息域が県西部に偏っているのが原因と思う。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ