櫛髭四天王

【0160】チャエダシャク
Megabiston plumosaria

晩秋から初冬にかけて発生するエダシャクの仲間だ。『秋の七枝尺』の一員である。

発生時期から「これはなんというフユシャクですか?」という質問がくることが多い蛾でもある。

♂の触角は非常に発達しており、僕の中で『櫛髭四天王』として君臨している。


市街地にも生息しており、触角が目立つしゅなので目撃情報や撮影されていることが多い。

チャエダシャクのチャは食草のひとつ「茶の木」である。

しかし他にも様々な広葉樹を食草としているので順応性は高いようだ。

S_4
【成虫写真】20141127 埼玉県川口市大字芝<標高 5m>

この撮影地は我が家から車で5分くらいである。狭い雑木林ではあるが、生息を確認できた。


対して♀は触角が糸状で特徴に乏しい。

ろくな写真がなかった。
Spc212405
【成虫写真】20121221埼玉県さいたま市桜区<標高 5m>

確かこれは木に登って撮った写真だ。もうすこし良い写真を撮って差し替えよう。

四国九州にはよく似た【アシズリエダシャク】が生息している。


種小名はplumosaria (プルモサリア)。 ラテン語でplumosa=生き方という意があるが、意味が分からない。

少し検索するとスペイン語でplumosa=羽のような という意がある。

こちらは触角が羽のようなということでしっくりくる。記載者のLeechがイギリス人なのが気になるが…


埼玉の記録を見てびっくりした。当然多数の記録があるかと思いきや4件しかない。

朝霞市、入間市、浦和市、新座市。 県東南部に偏っている。 秩父でも見た記憶はあるが・・・

【0007】クシヒゲシャチホコ
Ptilophora nohirae

プティロフォラ属と読むのだろうか。一見して目立つフサフサの触角を持つ属である。

僕が勝手に制定した『櫛髭四天王』の一員だ。

その名もクシヒゲシャチホコ。晩秋を代表するシャチホコガと言っても過言ではないだろう。

はじめてみた時はすごく興奮した覚えがあるが、あまりにたくさんいるんで最近はその感動も薄れがちだ。


愛嬌のあるその姿は何かのキャラクターにしても違和感なさそうだ。

Sspb172527
【成虫♂写真】20111117埼玉県秩父市豆焼橋付近<標高1000m>

♀の触角は普通の糸状である。

山間部で11月から12月にかけて見ることができ、カエデ類を食樹としている。


図鑑には「弱弱しく飛ぶ」と記述があるが、灯りの周りではブンブン飛んでいるのを見る。

種小名はnohirae(ノヒラエ)。野平安芸雄氏への献名と思う。


埼玉では三峰での一件しか記録がないが、奥秩父にはいくらでもいる。


以下記録
Spa292368
【成虫♂写真】2011029埼玉県小鹿野町八丁<標高1260m>

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ