春の七枝尺

【0197】アトジロエダシャク
Pachyligia dolosa

春の訪れと共に現れる春の七枝尺、第三席。

一見シャクガには見えないその風貌は、毎春名前を尋ねられる蛾ランキングの上位である。

様々な広葉樹を食餌とするので普遍的に生息し、個体数も多い蛾だが見つけるとやはり嬉しくなるものだ。

春の季節が順調に推移しているのが感じられる。

P31929412
【成虫♂写真】20180319埼玉県秩父市大達原<標高360m>

種小名は dolosa (ドロサ)。 ラテン語で嘘、偽。 何かほかに対象となる種があるのかな…

埼玉では平野部から山間部まで幅広く多くの記録がある。

【0042】ヒゲマダラエダシャク
Cryptochorina amphidasyaria

3月から4月に現れるシャクガ。大型で茶色のよく目立つシャクガである。

僕が勝手に制定した「春の七枝尺」の一員だ。

ヒゲマダラの名の通り、触角の主軸がマダラ模様になっている。

触角にもお洒落を忘れない拘り派の蛾だ。


Sp4083503
【成虫写真】 20120407 埼玉県秩父市 <標高665m>

地味だが春を代表するシャクガのひとつであると思っている。

種小名はamphidasyaria(アンフィダシアリア)。見当もつかない。色々検索したがお手上げである。

amphidaという人名がいくつか引っかかるのだが・・・


埼玉では県西部で記録が多い。

【0033】トビモンオオエダシャク屋久島以北亜種
Biston robustum robustum

世間が春を意識し始める頃、この蛾は現れる。

僕の中で勝手に『春の七枝尺』に指定されている、早春の代表的な蛾。

♂は鳶紋の名のとおり、非常にシックで落ち着いた色合いの蛾だ。

かなりの大きさなので蛾の苦手な人には敬遠されそうだが、少し勇気を出してその緻密な模様をじっくり見ていただきたい。

きっと蛾の和風な良さが伝わってくるはずだ。

S120316tobimon
【成虫♂写真】 20120316 埼玉県秩父市 <標高410m>

♀は紋が薄く、腹が太い。いかにも♀といった風貌だ。

灯下にはなかなか飛来せず、見つけづらい。この個体は運よく駐車場に落ちていた。

産卵場所を探していたのかもしれない。

Stobimon110423
【成虫♀写真】 20110423 埼玉県秩父市 <標高1065m>

幼虫は様々な広葉樹を食樹としており、都市部から山間部まで生息している普通種だ。

種小名はrobustum (ロブストゥム)。 google翻訳だとラテン語で「試金者」。何だその日本語は・・・

埼玉でも様々なところで記録がある。


以下記録

P3192944
【成虫♂写真】 20180319 埼玉県秩父市 <標高410m>

P2242733
【成虫♂写真】 20180224 埼玉県さいたま市桜区 <標高10m>


【0027】オカモトトゲエダシャク
Apochima juglansiaria

僕にとってのスプリングエフェメラル。直訳すると春の妖精、である。

他にも春の短い期間にしか出現しない蛾というのは多いが、この種は何か特別な種である。

言葉では言い表し難いが、春の妖精という言葉がピッタリ当てはまると思う。


ということで僕が勝手に制定した『春の七枝尺』の第一席となっている。

オスはよく灯下に集まり春を知らせてくれるが、メスはまず灯下にはこない。

僕自身も未だ見たことがなく、中々姿を見せてくれない春の妖精(メス)なのだ。

Sp30734421
【成虫♂写真】 20120306 埼玉県秩父市 <標高290m>

>>>>>>>>>20120318追記

フユシャクの探索をしていたら発見した♀。

フユシャク♀と同じように偽木の柵に登り静止していた。

やはり楽をして街灯の下を探してるだけではなかなか♀に会うことはできない。

ちゃんと足で探さないといけないことを痛感した。

S
【成虫♀写真】 20120317 埼玉県朝霞市 <標高25m>

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

>>>>>>>>>20120504追記

本種は【クワトゲエダシャク】に酷似しており、図鑑によるとクワトゲエダシャクとの見分け方として【本種の後脚脛節には1対の距がある.】

という記述がある。文で難しいことを書かれてもよくわからんので図に提示してみた。

ちなみに後脚とは3対ある脚の一番頭から遠い脚のことだ。

Sp5043989

拡大図の二本線に沿ってトゲが生えているのがわかると思う。これが【一対の距】である。

クワトゲだとこれが二対になるらしい。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


種小名はjuglansiaria (ユーグランシアリア)。juglansが「クルミ」という以外出てこない。

確かにクルミが食樹のひとつとはなっているが・・・

埼玉での記録は多い。

【標本画像】
S

Apochima juglansiaria オカモトトゲエダシャク 20110308埼玉県秩父市大滝<標高400m>


  
S_2              
Apochima juglansiaria オカモトトゲエダシャク 20120317埼玉県朝霞市岡<標高25m>



以下記録
S100313
【成虫♂写真】 20100313 埼玉県秩父市 <標高460m>

その他のカテゴリー

COLUMN EXTRA イボタガ科 カイコガ科 カギバガ科 カギバガ亜科 カギバガ科 トガリバガ亜科 カレハガ科 ウスズミカレハガ亜科 カレハガ科 カレハガ亜科 カレハガ科 ホシカレハ亜科 カレハガ科 マツカレハ亜科 シャクガ科 エダシャク亜科 シャクガ科 カバシャク亜科 シャクガ科 ナミシャク亜科 シャクガ科 フユシャク亜科 シャチホコガ科 ウチキシャチホコ亜科 シャチホコガ科 トビモンシャチホコ亜科 スズメガ科 ウチスズメ亜科 スズメガ科 スズメガ亜科 スズメガ科 ホウジャク亜科 ドクガ科 ヤガ科 ウスベリケンモン亜科 ヤガ科 エグリバ亜科 ヤガ科 キリガ亜科 ヤガ科 キンウワバ亜科 ヤガ科 ケンモンヤガ亜科 ヤガ科 シタバガ亜科 ヤガ科 セダカモクメ亜科 ヤガ科 ヒメヨトウ亜科 ヤガ科 フサヤガ亜科 ヤガ科 モクメキリガ亜科 ヤガ科 モンヤガ亜科 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ヤママユガ科 エゾヨツメ亜科 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 亜高山蛾(関東近辺) 冬尺蛾 南方偶産種(関東近辺) 地味エダシャク 埼玉県RDB指定種 夏キリガ 成虫有毒種 春の七枝尺 春の三大蛾 春キリガ 春枝尺四天王 櫛髭四天王 環境省RDB指定種 秋の七枝尺 秋キリガ 越冬キリガ 高山蛾 (マツカレハ亜科)

カテゴリー

無料ブログはココログ