春の三大蛾

【0180】イボタガ
Brahmaea japonica

【オオシモフリスズメ】【エゾヨツメ】と並び、春の三大蛾と称される蛾である。

その妖艶で美しい前翅は愛好家にとても人気が高い。何度でも逢いたくなる、そんな蛾のひとつである。

人々が桜の開花を待つように、蛾の愛好家はイボタガの羽化を心待ちにするのだ。

イギリスの近縁種Brahmaea hearseyi はowl moth(梟蛾)と呼ばれ、

独特の前翅は梟に似せていると考えられている。

S
【成虫♂写真】20150327東京都東大和市<標高130m>

だいたい3月ごろから見られる蛾である、と知識では知っていたのだが、

今まで出会ったイボタガは全て関東の山間部で4月中旬から5月初旬にかけてであった。


ということで、関東でイボタガを見るのは4月からが本番だと思っていた。

しかし今回の遭遇で関東でも平野部では3月にも発生してることがわかった。

イボタガのシーズンは3月からというのを実感した日でもあった。

Sbrahmaea_japonica
【成虫♀写真】20140421長野県下伊那郡阿南町<標高530m>

♀はかなり翅面積が広い。丸みを帯びた翅形となる。

幼虫はモクセイ科のイボタノキやキンモクセイ、ネズミモチなどを食べて育つ。

都市部にもある樹木だが、都市部では生息が難しい。

稀に植栽されたばかりのキンモクセイから発生することがあるが、継続した生息はできないようだ。


種小名は japonica (ヤポニカ)。 日本のという意味だ。

以前は台湾や大陸に生息する1.5倍程度の大きさを誇るBrahmaea wallichii の亜種とされていたが

今は別種とされており、日本固有種である。

以前はBrahmophthalma という属名を使用していたのだが、いつの間にか短くなっている。


埼玉県では西側に記録が偏っているが、東側でも散見される。

【0084】エゾヨツメ
Aglia japonica

【イボタガ】 【オオシモフリスズメ】とともに 春の三大蛾 と称される種で、一年に一度は会っておきたい種のひとつである。

オレンジの翅色に後翅の眼状紋が青く輝きとても美しい蛾だ。 


しかし、最初に見つけるときはその翅を見せてくれていないことが多い。

翅を閉じて止まってしまう蛾なのだ。

Sp6034874
【成虫♂写真】20120602 栃木県日光市中禅寺湖畔<標高1280m>

しつこく触っていると翅をバタン・・・バタン・・・として動き出す。

落ち着いてきたらようやくその姿をゆっくり鑑賞できるのだ。

120505
【成虫♂写真】20120505 埼玉県秩父市豆焼橋付近<標高980m>

触角が羽毛状になっているのは♂。

美しい。新鮮な♂はオレンジも鮮やかでとにかく美しいの一言である。

この蒼い眼状紋は構造色なのだが、普通に真上から撮影すると黒くなってしまい魅力が半減してしまう。

蛾の頭の方から光を当てると蒼く撮れるようだ。蒼い瞳のエリス、と言ったら歳がバレるか

褐色の肌に蒼い瞳を宿したなんともオリエンタルな風貌だ。

130527
【成虫♀写真】20130527長野県軽井沢町<標高1400m>

♀は色が薄く、はるかに大型で遠くに止まっているのを見てもひと目でわかる。

僕は♀と相性が悪いのかこの個体だけしか見たことがない。

しかしその大きさは明らかに今まで見たエゾヨツメとは違い大型であったため、♀と確信が持てた。

普段ならスルーである高いところのエゾヨツメを5mの竿をいっぱいに伸ばして捕獲したのだ。


岐阜や長野には極端に黒い粒状紋が多いカキシブエゾヨツメと呼ばれるタイプがいるらしい。

いつの日かそのエゾヨツメも見てみたいものだ。


以前は名義タイプ
北海道亜種  Aglia japonica japonica

本州以南亜種 Aglia japonica microtau に分けられていたが、

現在は明瞭な区別ができないということでミクロタウはシノニムとされ、エゾヨツメ Aglia japonica に統一されたようだ。


種小名は japonica (ヤポニカ)。日本の、という意味だ。


埼玉では広範囲に記録されているが、最近都市部での記録がない。

埼玉県のRDBで 「地帯別危惧種」 に指定されている。

P3263007
【成虫♂写真】20180326 東京都東大和市<標高110m>
埼玉県所沢市との境目である。この地域なら埼玉でも記録されそうだ。

【0078】オオシモフリスズメ
Langia zenzeroides nawai

日本に産するスズメガの中で最大の大きさを誇る。

その大きさは開張160mmにも及び、翅を広げると大人の手の平サイズだ。

手に乗せてズシっと重さを感じるのはこの蛾くらいのものである。

その大きさは印象強く、【イボタガ】【エゾヨツメ】と並んで春の三大蛾と称される。

そんな魅力的なオオシモフリスズメ、分布が西日本に偏っている。

関東住みの僕がこの種に会うためには、片道4時間かけて東端の産地へ赴かなくてはならない。

発生期間は短く、3週間ほど?であろうか。

その中で週末は2~3回。 天気が崩れたらアウトである。


幾多の難関を乗り越え、やっと出会えるオオシモフリスズメは格別である。

Sp4193409
20130419 長野県<標高540m>

上記個体は♂。交尾器の形が非常によくわかる種だ。

対する♀は♂よりも大きく、存在感が圧倒的である。

Sp4182487
20090419 長野県<標高450m>

何年か通っているが、ここ最近同じような目的の方と会うことが増えてきた。

人気種とはいえ、蛾への関心が高まってきたことは素直に嬉しく思う。


が、同時にライバルが増えたのだと考えると複雑・・・

勝手なものだw

種小名はzenzeroides(ゼンゼロイデス)。 意味がまったく解らない。 

Zを使用するのはギリシャ語由来であることが多いのだが。。。 

無理矢理分割すると zen=禅  zero=ゼロ。 両方ともインド由来の言葉であるが・・・

やめておこう。迷宮入り。

長野南部が西端となっていたが近年新潟でも記録されている。

埼玉では記録されていない。

その他のカテゴリー

COLUMN | EXTRA | イボタガ科 | カイコガ科 | カギバガ科 カギバガ亜科 | カギバガ科 トガリバガ亜科 | カレハガ科 ウスズミカレハガ亜科 | カレハガ科 カレハガ亜科 | カレハガ科 ホシカレハ亜科 | カレハガ科 マツカレハ亜科 | シャクガ科 エダシャク亜科 | シャクガ科 カバシャク亜科 | シャクガ科 ナミシャク亜科 | シャクガ科 フユシャク亜科 | シャチホコガ科 ウチキシャチホコ亜科 | シャチホコガ科 トビモンシャチホコ亜科 | スズメガ科 ウチスズメ亜科 | スズメガ科 スズメガ亜科 | スズメガ科 ホウジャク亜科 | ドクガ科 | ヤガ科 ウスベリケンモン亜科 | ヤガ科 キリガ亜科 | ヤガ科 キンウワバ亜科 | ヤガ科 ケンモンヤガ亜科 | ヤガ科 シタバガ亜科 | ヤガ科 セダカモクメ亜科 | ヤガ科 ヒメヨトウ亜科 | ヤガ科 フサヤガ亜科 | ヤガ科 モクメキリガ亜科 | ヤガ科 モンヤガ亜科 | ヤガ科 ヨトウガ亜科 | ヤママユガ科 エゾヨツメ亜科 | ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 | 亜高山蛾(関東近辺) | 冬尺蛾 | 南方偶産種(関東近辺) | 地味エダシャク | 埼玉県RDB指定種 | 夏キリガ | 成虫有毒種 | 春の七枝尺 | 春の三大蛾 | 春キリガ | 春枝尺四天王 | 櫛髭四天王 | 環境省RDB指定種 | 秋の七枝尺 | 秋キリガ | 越冬キリガ | 高山蛾 | (マツカレハ亜科)

カテゴリー

無料ブログはココログ