COLUMN

【COLUMN-001】蛾の採集、其の壱 >>灯下採集<<

蛾についてのお話を僕なりに語っていくこの【COLUMN】

唐突に始めてしまいましたが、少しでも蛾の世界へ興味を持っていただいた方にお役立ていただければ幸いです。



さてその第一回目となるのは、灯下採集。

蛾に興味を持った方がまずどこへ蛾を採りに(もしくは撮りに)行こうかと考えたとき、

真っ先に思い浮かぶのは山の中の灯りではないでしょうか。 

今回はそんな山の中の灯りについてのお話です。





蛾のもつ走光性は誰もが知るところです。

山の中のコンビニや自動販売機に蛾がたくさん集まっているのを見たことがある方は多いと思います。

そのポイントをいくつか回っていくことを、僕らはよく「灯下を流す」という言い方をしています。

短時間でいろいろな地域の採集ができるため、種を手広く集めるには効果的です。

また、特別な機材を必要としないため、移動手段の車やバイクさえあれば簡単に始められるのも魅力です。




ただ、以前と違って現代の灯下状況はあまりよくありません。

東日本大震災以降、節電の流れになり山の中の灯りは消灯するところが多くなりました。

加えてLEDの普及により虫が寄り付かない灯りが多くなりました。

(LEDは紫外線を発し無いため、殆ど蛾は寄って来ません)

そういった事情もあり、灯下ポイントは減る一方で増えることはありません。






「山の中の自販機や公衆トイレ」
Sp807402311
こういうところで虫まみれになった経験をお持ちの方は多いと思いますが、近年の照明技術の発達により虫が多いという概念はもう通用しなくなりつつあります。

左に挙げた自販機はまだまともな方だと思ってください。



Sp4282442
虫が寄り付きにくく加工された蛍光灯、LEDに変更された灯り、夜間は消灯している自販機。感応式のトイレ。
そんな自販機やトイレが多くなりました。(上の画像の自販機も夜間消灯式になってしまいました。)

犯罪を防ぐ観点からもトイレの消灯、感応式化は著しくポイントは格段に減っています。






「自己発光している看板」
S11 こういった看板はなかなか狙い目です。(写真は真冬の撮影)

LEDでは光力が足りないのか予算がないのか、LED化されているのをみたことはありません。
看板という性質上、消灯はしないので安定したポイントになっています。

難点として道路の途中にあることや高いところにあることが多く、採集しやすい看板は多くありません。







「水銀灯が照らす看板」
Sp628228411 強力なポイントとなるのはこういった場所が多く、遠目で見ても多くの蛾が集まっているのがわかります。
店の目の前にあるものだと営業の邪魔になってしまいますので、道案内的な看板を狙うと良いと思います。
環境によっては虫が多すぎて近寄れないくらいの飛来が見られ、多くの種が採集できることも。

こういうポイントをいくつか抑えておくと楽しくなりますよ。







「ナトリウム灯」
Spa248821 山の中の街灯やトンネルなどでよく使用されているオレンジの光を放つ照明です。水銀灯に比べ紫外線の放出が少ないため集まりが悪くなります。

しかし、紫外線の少なさはLEDほどではなく、条件が良ければ蛾が集まっているところも多々あります。
ナトリウム灯だから~とスルーするのは少しもったいないかもしれませんね。






「水銀灯を使用した街灯」
Sp913451011 こちらも良いポイントなのですが、道路際の街灯では危険すぎてオススメできません。

コンビニや道の駅、SAPAの駐車場やダムサイト、車両の通らない橋の歩道上などがオススメです。

しかし近年は「白いナトリウム灯」いわゆる高圧ナトリウム灯が普及してきています。

水銀灯に比べ紫外線の放出が少ないのは変わりませんので虫の集まりは良くありません。白い街灯なのにあまり虫いないな~と思ったらこの高圧ナトリウム灯を使ってる可能性があります。

ちなみに幹線道路に使われているような背の高い街灯はほぼ高圧ナトリウム灯です。





いずれの場所でも傍から見たら怪しい人だということを忘れないようにしてください。

地域にお住まいの方に不安を抱かせるような行為は慎むようにしないと・・・ 通報されますよw

通報されたり連行されたりしても私は責任取れません。職質は普通にある世界ですから気をつけてくださいねw

そこで法律違反とかしてると言い訳できませんから・・・やめておきましょうね。(住居侵入とかシャレにならないですよ)

コンビニ等で採集するときは商品を購入するくらいの気遣いは欲しいものです。

できれば「少し駐車場で虫を採らせてもらってよろしいでしょうか」くらいのコミュニケーションがあると良いですね。

少しの気遣いで人の目は変わります。後に続く採集者のためにも是非お願いしたいところです。





ルールとマナーを守って楽しい蛾ライフを!






Sakinoga

(ここも消えちゃったんだよなぁ・・・)











その他のカテゴリー

COLUMN EXTRA イボタガ科 カイコガ科 カギバガ科 カギバガ亜科 カギバガ科 トガリバガ亜科 カレハガ科 ウスズミカレハガ亜科 カレハガ科 カレハガ亜科 カレハガ科 ホシカレハ亜科 カレハガ科 マツカレハ亜科 シャクガ科 エダシャク亜科 シャクガ科 カバシャク亜科 シャクガ科 ナミシャク亜科 シャクガ科 フユシャク亜科 シャチホコガ科 ウチキシャチホコ亜科 シャチホコガ科 トビモンシャチホコ亜科 スズメガ科 ウチスズメ亜科 スズメガ科 スズメガ亜科 スズメガ科 ホウジャク亜科 ドクガ科 ヤガ科 ウスベリケンモン亜科 ヤガ科 エグリバ亜科 ヤガ科 キリガ亜科 ヤガ科 キンウワバ亜科 ヤガ科 ケンモンヤガ亜科 ヤガ科 シタバガ亜科 ヤガ科 セダカモクメ亜科 ヤガ科 ヒメヨトウ亜科 ヤガ科 フサヤガ亜科 ヤガ科 モクメキリガ亜科 ヤガ科 モンヤガ亜科 ヤガ科 ヨトウガ亜科 ヤママユガ科 エゾヨツメ亜科 ヤママユガ科 ヤママユガ亜科 亜高山蛾(関東近辺) 冬尺蛾 南方偶産種(関東近辺) 地味エダシャク 埼玉県RDB指定種 夏キリガ 成虫有毒種 春の七枝尺 春の三大蛾 春キリガ 春枝尺四天王 櫛髭四天王 環境省RDB指定種 秋の七枝尺 秋キリガ 越冬キリガ 高山蛾 (マツカレハ亜科)

カテゴリー

無料ブログはココログ